1. トップページ>
  2. お役立ちコンテンツ一覧>
  3. コーダーの仕事内容とは?年収や必要なスキル、プログラマーとの違いについても解説

コーダーの仕事内容とは?年収や必要なスキル、プログラマーとの違いについても解説

記事画像

目次

Webサイトや一枚LPを制作する際に、コーディングを担当する職種をコーダーといいます。コーダーは、フリーランスへの障壁が比較的低いため、コーダーとしてフリーランスに挑戦する方も多いです。 こちらの記事では、仕事内容や必要なスキル、年収、将来性、コーダー案件、キャリアパスについて解説します。

コーダーとは

コーダーはWebサイトを制作する際に、デザインをもとにブラウザやレスポンシブを考慮しながらHTML/CSS/JavaScriptを用いてコーディングを行う職種を指します。 また、プロジェクトによっては、BootstrapやJQueryなどのライブラリを使用する場合もあります。

コーダーとフロントエンジニアの違い

コーダーと似ている職種にフロントエンジニアというものがあります。フロントエンジニアもコーダーと同様にHTML/CSS/JavaScriptを使用しますが、フロントエンジニアはWebアプリケーションを開発します。フロントエンジニアは、Webアプリケーションの知識やバックエンドの知識も必要なためコーダーよりも難易度が高い職種です。

コーダーとプログラマーの違い

プログラマーは、基本的にWebアプリケーションを開発する際に設計書をもとにコーディングをする職業です。つまり、フロントエンジニアのプログラマーとサーバーサイドエンジニアのプログラマーが存在します。そのため、Webサイトを制作するコーダーとは異なる職種です。

コーダーの仕事内容

コーダーは、要件を把握した後にデザインを制作しHTMLやCSSを用いてコーディングしていくのが通常の仕事内容です。デザイナーがいる場合は、デザイナーがデザインしたものをコーディングします。そのため、コーダーとしてfigmaやAdobe XDなどのデザインツールは使用できると良いでしょう。また、プロジェクトによってはCMSを使用する場合もあるので、CMSの経験やPHP(WordPressがPHPでできているため)のスキルが求められる場合があります。

コーダーに求められるスキル

コーダーとして案件を獲得するためには、HTML/CSS/JavaScriptを用いたコーディングスキルが必要です。プロジェクトによっては、コーディングの前のワイヤーフレーム作成やデザイン設計を行う場合もあります。

HTML/CSS/JavaScript

HTMLはWebサイトの構造を作るために使用するマークアップ言語です。Webサイトの骨格となるので、HTMLが使えないとコーダーとして働くことはできません。また、CSSはHTMLの見た目を整えるために使用する言語なのでこちらも必須です。 HTMLとCSSのみでもコーダーとして働くことはできますが、近年のWebサイトではカルーセルやアニメーションを使用することが多く、それらはJavaScriptを用いて実現できることが多いです。そのため、コーダーとしてJQueryのようなJavaScriptライブラリを使用できると良いでしょう。

CMSに対する知見

Webサイトを制作する際に、HTMLを直接書かずにCMSを使用する場合もあります。CMSとは、Contents Management Systemの略でコードを書かずにWebサイトの構成を管理することができるシステムです。代表的なCMSにはWordPressやMovable Typeなどがあります。運用保守の観点からCMSを導入している企業も多いため、コーダーとしてCMSの知識は持っておきたいです。また、WordPressはPHPでできているためPHPのコードを編集する機会もあるでしょう。

デザイン

ワイヤーフレームの作成やデザインの作成をコーダーが行う場合もあります。そのため、コーダーにもデザインスキルが求められます。figmaやAdobe XDなどのデザインツールも使用できると良いでしょう。

コーダーの年収

FAworksで取り扱っているHTML/CSS案件の平均単価は42万円、年収では504万円程度です。Web制作の場合、案件数は比較的多いですが高単価を実現するのは難しいです。 高単価を目指したい場合は、フロントエンジニアとしてのスキルを伸ばすと良いでしょう。

コーダーの将来性

今後コーダー案件が増えたり、コーダーの平均単価が上がることは考えにくいです。理由は、CMSやNoCodeツールが増えていることやコーダーとして案件を獲得することに対する障壁が比較的低いことがあります。

コーダーのキャリアプラン

この段落では、コーダーのキャリアプランについて解説します。現在コーダーとして働いている方やコーダーを目指している方は今後のキャリアの参考にしてみてください。

フロントエンジニア

冒頭で説明した通り、コーダーとフロントエンジニアは異なります。フリーランス市場において、コーダーは豊富ですがフロントエンジニアは足りていないのが現状です。 フロントエンジニアはWebアプリケーションのフロントエンドを開発するため、JavaScriptやTypeScriptのスキルが求められます。Web制作で求められる範囲とは難易度が異なりますが、 フロントエンジニアへとキャリアチェンジすることで、報酬も増えて案件も獲得しやすくなるでしょう。

Webディレクター

Webディレクターはコーダーやデザイナーを取りまとめて、進捗管理やタスク管理を行う職業です。コーダーとは異なり、コーディング力ではなくマネジメント力が求められます。しかし、コーダーやデザイナーを取りまとめるため、HTML/CSSやデザインに関する知識が必要です。そのため、コーダーからのスキルアップとしてWebディレクターも選択肢の1つです。

フリーランスエンジニアのための案件・求人紹介サイト

  • エンド直案件多数
  • 支払いサイト0日も可能!

非公開案件も多数!

登録すると非公開案件がメールで配信されます。

非公開案件の案件情報を受け取る

配信停止はいつでも可能です

アクセスランキング

カテゴリー一覧

関連記事