1. トップページ>
  2. お役立ちコンテンツ一覧>
  3. スキルシートとは? - 書き方やポイントを解説

スキルシートとは? - 書き方やポイントを解説

記事画像

目次

フリーランスエンジニアのスキル・経歴を顧客に対して伝えるためには「スキルシート」の活用が必要です。エージェントからスキルシートの提出を求められたことがある方も多いのではないでしょうか?スキルシートはエンジニアだけではなくデザイナーやマーケターも使用することができます。書き方を変えるだけで安定的に案件を獲得できるようになる場合も少なくありません。この記事では、ITフリーランス向けのスキルシートの記載方法やポイントについてご紹介します。

スキルシートとは

スキルシートは、経歴や保有スキルについてプロジェクト毎に記載されたシートのことです。氏名、生年月日、学歴なども記載することを推奨しますが、氏名についてはイニシャル表記でも問題ありません。スキルシートのフォーマットは特に決まりがなくどのようなものでも構いません。ただ、プロジェクト単位で開発環境や担当業務が詳しく分かると良いでしょう。

スキルシートに具体的な使用技術や担当業務などの記載がない場合は、スキルシートが薄いと判断されて面談設定ができない場合があります。フリーランスエンジニアの場合、このようなことが原因で面談の機会を逃してしまうことが少なくありません。

FAworksでは、スキルシートの記載方法やフォーマットについてキャリアアドバイザーがレクチャーを行っております。WebサイトLINEからもお問い合わせが可能です。

スキルシートと職務経歴書の違い

経歴やスキルをまとめた書類という点においては、職務経歴書とスキルシートに違いはありません。一方で、スキルシートは特定の企業に向けたものではないので志望動機や個人情報を記載する必要はありません。このように記載の内容や項目は職務経歴書とスキルシートで異なります。

スキルシートに自己PRは必要?

自己PRは、採用担当者にとって募集要項とスキル・経験がマッチしているかを簡潔に判断できる材料の1つです。自己PRを記載する際は、得意な技術や経験した業界などを簡潔にまとめると採用担当者も判断しやすいでしょう。フリーランスエンジニアの場合は、企業に合わせて自己PRを書き換えるのは難しいので、経験から自分がバリューを出せる内容を簡潔にまとめるのがおすすめです。

また、未経験や経験が浅い場合には、キャッチアップの速度や質も評価に繋がる場合があります。新しい技術を習得する際に心掛けていることや具体的な方法などを記載しましょう。

スキルシートの書き方と必要な項目

スキルシートに記載する内容とポイントについてご紹介します。

プロフィール

プロフィール欄には一般的に下記項目を記載します。

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • 最寄駅

氏名に関しては、本名ではなくイニシャルで記載しても構いません。また、住所はスキルシートへ記載する必要がありません。もし、記載があった場合でも、エージェントが消した状態で企業に提出するため個人情報流出の心配はありません。

資格

職種・ポジションにかかわらず、フリーランスとして案件を獲得する際に「必須」の資格はありません。しかし、保有していることで企業に対してスキルや知識をアピールすることもできるので、すべて記載しましょう。英語や業界に特化した資格についても案件によっては高く評価されます。

保有スキル

今までに経験のあるプログラミング言語(ライブラリ、フレームワーク)、ツールや自己学習をしていて対応可能な技術に関してはまとめて記載しておくと見やすいでしょう。

スキルシートのテンプレートによってはこのような項目がない場合もありますが、その場合はフリースペースに「得意技術」や「得意領域」を記載すると良いでしょう。

プロジェクト名と参画した期間

過去に参画した案件の業界や携わってきたプロジェクトの内容は企業側が気にするポイントの1つです。企業名やサービス名を記載する必要はありませんが、どのようなシステムなのかを具体的に記載すると良いでしょう。

また、1つのプロジェクトにどのくらいの期間従事していたのかも重要です。企業は短期の案件が続いていると参画しても「すぐ辞めてしまうのだろうか」と不安になってしまいます。半年以内で終了した案件の場合は、わかりやすい場所に終了になった理由も記載しましょう。

OS、言語、フレームワークなどの開発環境

スキルシートで最も重要なのは、過去に経験しているプログラミング言語(フレームワーク、ライブラリ)や開発環境、ツールなどです。この項目に関してはなるべく細かく記載すると良いでしょう。

プログラミング言語(フレームワーク、ライブラリ)や開発環境、ツールなどに関しては、下記スキルシートと同じくらいの粒度が理想的です。

担当工程と具体的な作業内容

プログラミング言語(フレームワーク、ライブラリ)や開発環境、ツールと同じくらい重要なのが、担当工程や開発手法です。

担当工程に関しては、担当したフェーズと具体的な作業内容が重要です。例えば、「基本設計というフェーズにおいて外部I/F設計、画面設計を担当した」のように、企業がイメージできるくらいの粒度で記載すると良いでしょう。

また、最近ではアジャイル開発の現場も増えているため、ウォーターフォール、アジャイル(スクラム)のように開発手法も記載すると良いでしょう。

スキルシートを記載するときのポイント

スキルシートに記載する時のポイントについてです。

最新のプロジェクトは特に詳細に記載する すべてのプロジェクトを詳細に記載することが理想的ではありますが、企業側がより重視するのは直近の経歴です。直近の経歴については必ず詳細まで記載しましょう。

成果物を載せる GitHub やポートフォリオなどをスキルシートと同時に提出することでより具体的にスキルを伝えることができます。特に、UIデザイナーやWebデザイナーにおいてはポートフォリオ無しで選考が進むことはほぼありません。

エンジニアにおいてもコーディング力を示す根拠になるので、GitHub などがあると選考が進みやすいでしょう。

スキルシートを記載するときの注意点

スキルシートを作成する際には注意点もあります。

過去参画したプロジェクトの企業名は伏せる

スキルシートに具体的な企業名は必要ありません。過去に企業と結んだNDA(秘密保持契約)の内容次第では契約違反になる可能性もあります。スキルシートには、業界やプロダクトの内容などを記載しましょう。

また、一度参画した企業を避けたい場合は、エージェントにその旨を伝えることで避けることが可能です。

最新のスキルシートを提出する

スキルシートを提出する際は、直近の経験も記載したものを提出しましょう。企業は直近の経歴を重視します。

また、スキルシート上の空白期間は企業にとって気になるポイントでもあります。直近が空白になっていると「就業していなかったのではないか」と思われてしまう可能性もあるため最新のものを用意しましょう。

フリーランスの案件獲得ならFAworks

フリーランスとして活動する上でスキルシートは非常に重要です。スキルシートの内容が薄い場合、案件獲得につながらないこともあります。

FAworksでは、スキルシートの書き方、スキル・言語の重要や将来性、キャリア形成などの疑問・不安に対して相談を承っております。弊社キャリアアドバイザーよりサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

フリーランスエンジニアのための案件・求人紹介サイト

  • エンド直案件多数
  • 支払いサイト0日も可能!

簡単60秒無料登録

フリーランスの経験はございますか?

アクセスランキング

カテゴリー一覧

関連記事