1. Home
  2. お役立ち情報
  3. お役立ちコラム
  4. 開発言語別特集
  5. PHPのフリーランスエンジニアに必要なスキルは?求人案件の特徴と年収相場

PHPのフリーランスエンジニアに必要なスキルは?求人案件の特徴と年収相場

PHPのフリーランスエンジニアに必要なスキルは?求人案件の特徴と年収相場

PHPの基礎知識

PHP(Hypertext Preprocessor)とはWebサービスを作るためのスクリプト言語です。スクリプト言語はJavaScriptやPerlなどがありますが、PHPはサーバー側で動作する、ということが大きな特徴です。そのため、開発を行うためにはPHPがインストールされたWebサーバーが必要となります。

PHPは他のスクリプト言語に比べると構文がシンプルであり、基本的な知識さえあれば比較的簡単に使用できます。PHPはWebアプリやWebサイトの制作に利用されることがほとんどで、フリーエンジニアとして取得できる案件数も多数あります。

さまざまな開発ツールがあるPHPですが、世界的人気を誇る「WordPress」というブログソフトウェアで用いられていることが人気の一因ともなっています。「Facebook」や「Yahoo!」、「ぐるなび」などもPHPで作られたWebサイトです。

基本的にPHPのみではWebサービスをつくることはできません。HTMLにPHPを埋め込む形で作り上げていくため、HTMLとCSSの知識も必要となります。

PHPは公式ホームページにもマニュアルが掲載されているため、参照しながら独学で学ぶこともできます。

PHPエンジニアの仕事内容は?

現在日本のWebアプリケーションは、ほとんどがPHPによって構築されています。たとえば、ECサイト、SNS、ソーシャルゲーム開発、予約システム、組織内や企業で使用するための業務用アプリケーションなどさまざまなものがあります。

ECサイトでは、注文が確定されたときに「ご注文ありがとうございました」と表示したり、ショッピングカートの中身を自動でカウントしたり、合計を算出したりする機能もPHPによって作られています。また、ゲーム業界においてPHPの使用はほぼ不可欠となっており、ゲームメーカーからのPHPエンジニアの需要も大変多くなっています。ゲームの仕様書に沿ってキャラクターやシナリオをつなげてコントロール可能な状態にプログラミングしたり、バグの修正や改良を行ったりします。

既存のWebサービスの一部をPHPによって改良することもできます。HTMLに一部分だけ組み込んだり、すでにPHPを用いて構築されているシステムをさらに改良する場合も、PHPを使用する方が効率的なため、PHPエンジニアが必要です。

さらに、世界でもっとも利用されているブログ制作ツールである「WordPress」や、ECサイト制作ツールとして有名な「EC-Cube」などのPHP製のツールをカスタマイズする時もPHPを用います。

このように、PHPエンジニアは、ありとあらゆるWebアプリケーション開発を中心に活躍しています。

PHPのエンジニアとして求められるスキルは?

PHPのエンジニアとして活躍するのであれば、いくつかスキルとしておさえておきたいポイントがあります。基本的なものから見ていきましょう。

まず、オブジェクト指向の概念をしっかり理解していることが必要です。応用を求められても簡単に問題を解決することができます。資格試験でも重要視される部分です。

また、画像ファイルのアップロード処理がスムーズにできることも求められます。画像ファイルのアップロードは、参考書などではあまり触れられることはありません。しかし実際の開発ではかなり頻繁に行わなければならないばかりか、意外に手間のかかる作業となります。さらにセキュリティとしても脆弱になりやすい部分ですので、深い知識と高度な技術を求められます。

また、類似した命令の使い分けができることも必要です。一見同じ動作をするように思えても、実際には異なる使い方をする命令文があります。その違いを明確にしておくことで、成果物の質に大きな差が生まれます。より細かいところまで理解しておくことが大切です。

他にも、用件のみの依頼でコードに落とし込むことができる、ソースの読み解きができる、フレームワークを自分で作ることができるなど、レベルが上がるにつれてさまざまなスキルが求められます。意識して少しずつできることを増やしていくようにしましょう。

フリーランス向けにはどんな開発案件があるの?

PHPによって構築されたWebサイトは全世界で40%にものぼり、ニーズは今も増え続けています。ではフリーランス向けにはどのような案件があるのでしょうか。

最も多いのは、Webサイト開発のサーバーサイドエンジニアです。

スマートフォンやソーシャルメディアの普及が一気に進み、PHPベースのWebサイトは急増しています。それらはすべてサーバーサイドエンジニアが支えており、開発需要は高まるいっぽうですが、まだまだエンジニア不足が続いています。そのため、フリーランスでの採用が増えてきているのが現状です。

PHPエンジニアとして次に多いのはフロントエンドエンジニア、LAMP系エンジニア、ゲームエンジニアと続きます。これらのエンジニアの需要はゲーム業界やECサイト系にも多く、幅広いジャンルに対応できるのがPHPエンジニアの強みです。業務系アプリケーションの開発も豊富な案件のひとつで、管理システム系が増加しています。これには勤怠管理システムや、農業向けのWeb管理システムなどがあり、昔からある業務系案件としてPHPエンジニアが取得しやすい案件です。

PHPフリーランスエンジとニアになるにはどんな開発経験が必要?

PHPエンジニアとしてフリーランスになるためには、どのような経験が必要なのでしょうか。採用側は最低でも3~5年以上の実務経験を求めていることがほとんどです。実務未経験でもプログラミングスクールなどを卒業すれば仕事を見つけられる可能性はありますが、案件数は少なく、高い収入を見込むことはできません。

年収を上げるためにも、やはり経験年数を積むことが何よりも大切です。フリーのエンジニアとしてフルタイムで働いた場合、実務経験を積むと2年目で月収30万円程度、3年で50万円程度と、年数に応じて収入をあげることができます。実務経験が5年以上であれば、年収1,000万円を超えられることも少なくありません。

アプリケーション開発、Webサイト開発など、実務に即した経験があると有利です。

現場では常に即戦力として活躍することが求められ、迅速かつ的確な問題解決能力が必要とされます。スキルの熟練に努め、経験を積むことでクライアントからの信頼を得ることが重要です。

PHPのエンジニアの年収は?

フリーランスのPHPエンジニアは80万円/月が相場だと言われています。実務経験が5年以上であれば、年収が1,000万円を超えることもあり、それなりに高収入を目指すことができる言語です。

何よりPHPの最も良いところは「安定性」です。PHPは数あるプログラミング言語の中でも扱いやすく、PHPに変わる言語がこれから開発される可能性はほとんどないと言われています。今後も多くの企業で採用され続けていくことが予想され、フリーPHPエンジニアのニーズも安定して推移していくと見られています。

FAworksは、
あなたが希望する内容を丁寧にヒアリングし、

あなたにベストな案件を
ご提案いたします!

コンサルタントに相談する