1. Home
  2. お役立ち情報
  3. お役立ちコラム
  4. 開発言語別特集
  5. Javaのフリーランスエンジニアに必要なスキルと求人案件の特徴と年収相場

Javaのフリーランスエンジニアに必要なスキルと求人案件の特徴と年収相場

Javaのフリーランスエンジニアに必要なスキルと求人案件の特徴と年収相場

Javaの基礎知識

Javaは、人間が理解しやすいように作られたプログラム言語である「高級言語」の一つです。高級言語は、文章のままでは機械が認識することができませんので、コンパイルという変換ツールで機械語に翻訳をしてからプログラムを実行させます。

また、Javaはオブジェクト指向言語です。オブジェクト指向はJavaを学ぶ上でとても重要な概念なので、これを理解することがJava上達への第一歩となります。

Javaは、オブジェクト指向言語の中でも上位互換性が高く汎用性に優れているので、アンドロイド用のアプリケーションから大規模システム、WEBサイトのバックエンドまでさまざまな開発に使用されています。特にシステムの拡張にも柔軟に対応できるとても優れた言語なので、大規模なシステム開発にも多く利用されています。

一方、自由度が高い分、同じ動作をさせるにはさまざまな組み方が出来てしまうのが難点です。そのため、全体を見据えたうえで、スマートな組み方ができるように勉強をしなくてはいけないという難しさがあります。これは現場レベルで学ばないと身につけるのがなかなか難しいでしょう。

一からJavaを勉強するには、ORACLEのサイトから開発環境を作るJDKをダウンロードします。JDKには、テストをするためのJREやコンパイラなどが付属しているため、すぐに開発環境を整えられるのも魅力の一つです。

Javaのフリーランスエンジニアの主な業務内容

前述したように、Javaは汎用性が高くさまざまな環境で使用できます。そのため案件は、アプリケーションの製作からバックエンドシステム開発、システムの改修・リプレイスまでとても幅広くあります。案件の種類が豊富なため、開発に関する知識や経験もさまざまなものが関わってきます。

例えば一つの案件でも、要件定義、設計、PG、テストまで幅広く担当することもあるので、その場合はコーディングだけでなく要件定義や設計レビューの経験が必要です。要件定義や設計レビューはクライアントとのすり合わせもあるため、コミュニケ―ション能力も重要です。

また、開発の現場では、ウォーターフォールモデルやアジャイルソフトウェア開発が混在しています。

アジャイルソフトウェア開発を採用している現場ではチーム人数が少ない傾向がありますので、その分幅広いスキルが必要です。特に開発メンバーの場合は、設計、実装、テスト、運用までを幅広く行えなければいけませんし、他のエンジニアとのやり取りも必須ですのでコミュニケーション能力も重要になるでしょう。

Javaのフリーエンジニアは、業務の担当範囲が多義に渡ることがありますので、案件を応募する際には自分の得意分野を見定めて受注を考える必要があります。

Javaのフリーランス案件の傾向と特徴

Javaのフリーランスの案件数は他の言語と比べて非常に多い傾向にあります。これは、昔からあるシステム開発案件に加えて、アンドロイドなどのスマートフォン用アプリケーションの開発が増えていることも大きな要因です。

このような傾向はまだまだ続くと予想されており、今後も需要が減ることはないでしょう。ただし、人気のある言語で希少性があまりないことから、他のプログラム言語の案件に比べると多少単価が安い傾向があります。これからもJavaの使用人口は増えることが見込まれているので、単価が下がる可能性はあるでしょう。

Javaのフリーランス案件は、基幹業務に対する開発を行うものが多くあります。基幹業務のシステムに対して、元々あるレガシーシステムの更新や改修から、リプレイスを行う企業までさまざまにあるからです。このような案件の場合は大規模なので開発期間が長く、高いスキルが求められます。その半面、案件の単価が高いのも特徴です。

このようにJavaは特性上、大規模開発に使用される傾向があります。そのため、在宅で個人完結する案件よりも、大人数で協力して開発を行う案件がほとんどです。大人数になりますと管理やセキュリティの確保も大変ですので、フリーランスでも企業に常駐することが多くなります。

Javaでキャリアアップするためには

Javaのエンジニアには、年齢が上がるにつれて年収も上がるという大きな特徴があります。

技術の移り変わりの激しいIT業界では、新しい技術に対する知見が豊富でフルに活用できる若い人材が好まれる傾向にあります。しかし、Javaの場合は、案件の豊富な需要に対して人材の供給が追い付いていないので、年齢は高くとも経歴や技術があればそれに応じた収入を得られます。そのため、キャリアアップを計るには一つひとつ案件をこなしていき、経験を積むことが一番の近道です。現在Javaのフリーエンジニアで高額な年収をもらっている方は、Javaの知識はもちろん、PMやさまざまな開発、改修、リプレイス、運用などの経験があり、他の言語に対する理解も深い方が多いです。

また、キャリアアップをする上では、T型やI型などクライアントに求められる人材をイメージして、スキルアップを計っていくのもいいでしょう。

Javaは案件の豊富さや業務の幅広さを考えると、I型人材よりもT型人材の方がより求められることが多いでしょう。幅広い要件に対する設計への落とし込みや、それに伴う柔軟なコーディングができるのは前提条件ですので、その他の業務もこなせることが重要です。

このような人材になればクライアントの信頼性も高くなるため、必然的に年収アップも見込めます。

フリーランスエンジニアになるために必要な経験は?

フリーランスのエンジニアといえば敷居をとても高く感じる方が多いと思いますが、Javaは他の言語と比べると敷居が低いです。

前述している通りJavaの案件需要はとても多いのですが、人材の供給が追い付いていないため案件が豊富にあります。募集案件の中には育成環境を整えており、1年未満の方にも案件の発注を行っているクライアントもいるのです。

とはいえフリーエンジニアで活動をしている先輩たちも数多くいますので、その人たちはみんなライバルとなりえます。必須条件に年数を定めないで「○○の設計や開発、運用などの経験がある方」と大雑把なくくりで募集しているケースも多くありますが、経験がない人とある人では経験豊富な方が案件を取得できるのは誰が見ても一目瞭然です。開発の経験が少ないと案件が取得できる数も必然的に少なくなります。

また、Javaは案件の種類も豊富なので、どのような案件に従事をしたことがあるのかということも重要です。

企業で金融機関の業務システムの設計・開発を1年ほど行っていた方が、フリーランスとしてアンドロイドのゲームアプリケーション開発・運用にいきなり携わるのは難しいでしょう。

フリーランスのJavaエンジニアの年収は

フリーランスとして活躍するには、ビジネスマッチングサイトやクラウドソーシングなどを利用する方が大半です。案件の単価は利用するサイトによって異なるため、平均年収も変わります。

例えば、あるフリーランスエージェントサイトが集計したJavaエンジニアの平均年収は800万円前後です。高スキル案件では月100万円のものもありますので、そのような案件に従事できれば年収1200万円も夢ではないでしょう。

また、クラウドソーシングでは単価を時間給にしている案件も多く、このような案件では年収が500万~700万前後です。

FAworksは、
あなたが希望する内容を丁寧にヒアリングし、

あなたにベストな案件を
ご提案いたします!

コンサルタントに相談する