フリーランスデータサイエンティストのメリットは?単価や働き方について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2022/09/20

近年のデータ活用やDX (デジタルトランスフォーメーション)の注目により、ビッグデータの分析を生業とするデータサイエンティストの需要はますます高まってきています。当記事では、データサイエンティストのフリーランス案件に関心がある方に向けて、データサイエンティストの仕事内容、フリーランスデータサイエンティストになる方法、データサイエンティストにおすすめのフリーランスエージェントなどについて解説します。

データサイエンティストとは

近年、ビッグデータが注目されています。その中で、脚光を浴びている職種の1つがデータサイエンティストです。データサイエンティストとは、データサイエンスを用いて事業戦略の立案や意思決定の材料を生み出します。混同される職種に「データアナリスト」がありますが、データアナリストはデータ分析を担当する職種であり、そのデータをもとに予測や機械学習を用いた学習を行うのがデータサイエンティストです。データサイエンティストの具体的な業務には分析戦略の策定、分析データの準備、データ分析/可視化、モデルの構築などがあります。これらの業務を遂行していくうえで、PythonやR、SQLなどのプログラミング言語に対する知見も必要です。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの目的は、データサイエンスを用いて事業戦略の立案や意思決定材料を生み出すことです。そのため、データサイエンティストの仕事内容は分析戦略の策定、分析データの準備、データ分析/可視化、モデルの構築など多岐に渡ります。

データサイエンスのステップ

データサイエンスとは、統計、人工知能、データ分析など複数の分野を組み合わせることでデータから価値を生み出すことです。現代では、SNSやECサイトなど企業は多くの顧客データを所有しています。データベースにあるそれらのデータを解析して活用するのがデータサイエンスです。

データサイエンスは一般的に下記のような流れで進めていきます。

  1. ビジネス課題の発見
  2. ビジネス課題を踏まえた仮説策定
  3. データ収集・加工
  4. データ解析・検証
  5. モデルの構築
  6. 運用

データサイエンスはビジネス課題を把握して、それに対する仮説を立案することからはじまります。そして、仮説を立証するために必要なデータをERPやデータベースから取得し、使える形に整えるためにデータ処理を施します。その後は、統計学などを用いてデータ解析を行います。このフェーズでは、TableauやPower BIなどのBIツールを使用する場合も多いです。そして、それらのデータをもとにモデル構築を行います。最終的には、それらの結果からビジネスの方針決定につなげるのがデータサイエンティストの役割です。

フリーランスデータサイエンティストのメリット

フリーランスデータサイエンティストとして活動するメリットを解説します。

データサイエンティスト向け案件は高単価

データサイエンティストはフリーランス市場の中でも高単価を実現しやすい職種の1つです。2021年のFAworksのデータでは平均年収が1,164万円で、最高年収は2,040万円、最低年収は660万円です。

リモートやフレックスで働ける案件が多い

フリーランス向けデータサイエンティスト案件では、フルリモートで参画できる案件やフレックス制度を採用している案件も多いです。そのため、居住地や勤務時間に縛られず自由な働き方を実現しやすい職種です。

週2日・3日で稼働できる案件も多い

フリーランスになる目的として副業案件の獲得や週5日未満の稼働を目指す方は多いです。データサイエンティスト案件では週2・3日で稼働できる案件も多く、案件の掛け持ちやプライベートの時間を多く取る方も見受けられます。

未経験からフリーランスデータサイエンティストになることは可能か?

独学やスクールでの学習のみで実務経験がない場合、データサイエンティスト案件を獲得するのは難しいです。未経験からデータサイエンティストを目指す場合は、PythonやSQLを使用するデータ分析やデータベースに触れる案件で経験を積むことをおすすめします。

データサイエンティストのフリーランス案件獲得方法

フリーランスデータサイエンティストとして案件を獲得する方法は大きく3種類です。それぞれ特徴やメリットが異なるので自分に合った方法を選択しましょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用して案件を獲得する方法です。クラウドソーシングは、インターネット上で企業が不特定多数に対して業務を発注することです。クラウドソーシングでは、副業向け案件が多いため単価の相場も低めです。データサイエンティストやデータアナリストとしての実績を積む目的で活用するのもおすすめです。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用するメリットは、営業機能を代行できる、案件数が多い、税務周りのサポートなどがあります。また、稼働中にトラブルが発生した際もエージェントが対応してくれるため、本業に集中することが可能です。また、エージェントによって得意業界や分野が異なるので、データサイエンティスト案件を豊富に保有しているエージェントを選びましょう。

個人で案件を獲得する

正社員時代のつながりや人脈を駆使したり、直接企業に応募して案件を獲得する方法もあります。メリットとしては、エージェントを利用した場合のマージンがなくなることや直接連絡するのでスムーズということがあります。一方で、トラブルが起こった場合の対応や請求処理なども自身で行う必要があるため、仕事に集中したいという方はエージェントを利用するのがおすすめです。

フリーランスデータサイエンティストに求められるスキル

データサイエンティストには、幅広いスキルが求められます。

プログラミングスキル

データサイエンティストに求められることが多いプログラミングスキルはPythonです。Pythonはライブラリが豊富にあるためデータの前処理、統計分析、可視化、機械学習などあらゆる面で使用することができます。使用率の高いライブラリには、Numpy、pandas、TensorFlowなどがあります。また、Python以外にもRというプログラミング言語があります。Rはデータサイエンス用に設計されたプログラミング言語でもあり、統計やデータ操作に特化しています。データサイエンティストとしては、これらのプログラミング言語を押さえておくと良いでしょう。

データベースや分散処理システムの関するスキル・知識

データサイエンティストにとってデータを格納するデータベースに関するスキルや知識は必須です。データベースに関するスキルや知識があるとより効率的にデータの処理を行ったり分析をすることができます。具体的にはRDB、NoSQLの知識に加えてHadoop、Sparkなどの分散処理システムの知識もあると理想的です。

統計学・データマイニング

データ分析手法の選択肢として最も多く用いられるのが統計学です。そのため、データサイエンティストには統計学や数学、確率などの深い理解が求められます。実務で活かすためには統計学の具体的な分析方法まで理解しておくと良いでしょう。

ビッグデータに関する知識

ビッグデータには音声や画像のデータ、ログデータ、SNSによるデータなどさまざまな種類がありますが、それらを収集、蓄積、分析することでマーケティングなど多方面でデータを活用することができます。データサイエンティストとしては、それらのデータを分析可能な状態に整えて、適切な方法で分析を行う必要があり、その際には統計学や機械学習などの技術が求められます。

データの可視化 / 視覚化

統計学や機械学習を駆使して分析したデータはBIツールによる可視化を行うことで、より説得力のあるものになり、意思決定や状況把握をより的確に行うことができます。使用頻度の高いBIツールには、Google データポータルやPower BI、Tableauなどがあります。

ビジネススキル

データサイエンティストは、データを用いて課題解決や意思決定の手助けをする職業でもあるので課題解決力が求められます。また、膨大なデータを取り扱う中で洞察力も必要です。

データサイエンティストにおすすめのフリーランスエージェント

フリーランスエージェントには、副業案件が豊富なエージェントや高単価案件が豊富なエージェントなど特徴がそれぞれ異なるため、この記事では、データサイエンティスト向け案件が豊富なエージェントを紹介します。

FAworks

サイト FAworks
案件数 2,000件以上
対象 全国
特徴 ・DX、データサイエンス案件が豊富
・リモートワーク、週3、4日案件あり
・正社員からの独立サポートあり


FAworksは株式会社EVERRISEが運営するフリーランスエンジニア向けエージェントです。FAworksは公開案件数が2,697件と比較的豊富であり、データ基盤構築やデータサイエンティスト業務などデータに関わる案件が豊富です。また、データ系の案件は企業から直接請け負っている案件も多いため高単価の実現も可能です。初めてフリーランスに挑戦する方やスキルチェンジをしたい方へのフォローも非常に充実しています。

FAworksへの
お問い合わせはこちらから

レバテックフリーランス

引用元:レバテックフリーランス

案件数 2,000件以上
対象 全国
特徴 ・登録者数No.1
・業界認知度No.1
・福利厚生が充実


レバテックフリーランスは、取引者数や案件数が豊富なエージェントです。レバテックフリーランスの特徴としては、税理士の紹介や確定申告セミナーなどの税務サポート、人間ドックやスポーツジムなどが特別価格で利用できるなど案件紹介以外のサポートが充実している点です。案件数も非常に多いため、業界や業務内容が幅広い範囲から選べるのもレバテックフリーランスのメリットです。

BIIGDATA NAVI

引用元:BIGDATA NAVI

案件数 800件以上
対象 全国
特徴 ・データサイエンスやAI分野において国内最大規模の案件数
・正社員からの独立、副業に関する無料アドバイス
・勉強会・セミナーへの参加や講師業務の紹介制度あり


BIGDATA NAVIは、エッジテクノロジー株式会社が運営しているデータサイエンティスト、アナリスト専門のフリーランスエージェントで、AI開発やデータ分析案件の保有数は国内最大級です。高単価案件やスキルアップ案件もあるためデータサイエンティストやデータエンジニアにはおすすめのエージェントです。

フリーランスエージェントを選ぶ際のポイント

現在多くの企業がフリーランスエンジニア向けのエージェントを運営しています。案件を調べた際に色々なエージェントを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

フリーランスエージェントは得意な領域やサービス内容がそれぞれ異なります。そのため、自分に合ったエージェントを選ぶことが大切です。

単価、手数料を確認する

取り扱っている案件の単価や手数料 ( マージン ) の割合については確認しておくと良いでしょう。エージェントによっては、高単価案件を得意にしているところもあれば未経験エンジニアを育成するフェーズから得意にしているエージェントもあります。

また、手数料については10〜15%くらいのエージェントが多いですが、それ以上の手数料を取っているエージェントも存在します。公式ページで手数料を確認したり、非公開の場合は問い合わせの際に聞いてみても良いでしょう。

商流を確認する

エージェントが保有している案件の商流は、報酬やトラブルに関わるため確認しましょう。例えば、案件元の企業からエージェントが直接請け負っている案件であれば、途中で引かれる手数料も少なくトラブルの際も迅速に対応してもらえるでしょう。しかし、間に挟まっている企業が多い場合には、それぞれの企業が手数料を取るのでフリーランスの方の報酬が少なくなってしまいます。また、トラブルが起きた際も連絡に項数がかかるので効率が悪いです。そのため、案件に参画する前にどのような商流になっているのかを確認しましょう。

運営元企業の特徴を確認する

運営元企業の特徴によってエージェントが保有する案件の特徴に影響を与える場合もあります。例えば、FAworkの運営元である 株式会社EVERRISE はデータ活用の支援や広告システムの開発、自社サービスとしてCDPの開発も行っている企業です。そのため、FAworksでもデータ活用案件やデータ基盤の開発案件などデータに関わる案件を豊富に取り揃えています。

このように、企業やエージェントによって得意領域は異なるため、フリーランスエージェントを利用する際は探している案件と企業、エージェントの特徴が合っているかも重要です。

データサイエンティストの案件を探すならFAworks

FAworksでは、データサイエンティスト・データアナリスト向けの案件を豊富に取り揃えています。また、最短即日払い、専門のキャリアコンサルタントによるキャリア支援など案件紹介以外でもさまざまな形でフリーランスエンジニアのことをサポートさせていただきます。

FAworksへの
お問い合わせはこちらから

 -キャリア, フリーランス

  関連記事

フリーランスエンジニアの手取りを増やすためには?手取りの計算方法や税金について解説

目次 フリーランスエンジニアの平均年収は?フリーランスエンジニアにかかる税金と保険所得税消費税住民税

フリーランス市場におけるPython案件の実情!目指す方法も

フリーランスエンジニアとして活躍したい方におすすめしたいプログラミング言語の1つがPythonです。

誰でもできる!フリーランスとして長期的に成功するための10のコツ

フリーランス・独立には良い点も悪い点もありますが、自由度の高い働き方など「フリーランスならではの良さ

稼ぐエンジニアと稼げないエンジニアはどこが違うのか?フリーランスエンジニアの勝負を分けるポイント5つ

目次 フリーランスとして稼げるエンジニア、稼げないエンジニア「技術力が高い人」が稼げるとは限らない理

未経験からPHPエンジニアになるためには

IT業界では、人材不足が進んでいるため未経験からエンジニアを目指す方やフリーランスエンジニアを目指す

実務経験2、3年でフリーランスエンジニアになれる?必要なスキルについても解説

どれくらいの経験があればフリーランスエンジニアになれるのか気になっている方も多いと思います。最近では

フリーランスエンジニアの限界、年齢制限とは

フリーランスエンジニアとして活躍するには年齢による制限があるといわれています。しかし、実際に50代や

AWS フリーランス案件・求人の最新情報 2021年

目次 AWS(Amazon Web Services)とは?AWSのメリットAWSとGCPの比較AW

若手ITエンジニア必見!一度は考えておきたい「35歳」からのキャリアパス

  目次 誰もが悩むITエンジニアのキャリアパス目次「プログラマー35歳定年説」は嘘?本当

フリーエンジニアが海外案件を探すためのサイトまとめ

企業雇用のエンジニアからフリーエンジニアとなって働くにあたり、最も労力を使うことの1つは案件探しでし