1. トップページ>
  2. お役立ちコンテンツ一覧>
  3. 急成長を遂げたRuby市場の今後とフリーランスエンジニアの案件の特徴

急成長を遂げたRuby市場の今後とフリーランスエンジニアの案件の特徴

記事画像

目次

Rubyは、日本発で初心者にも習得しやすいのプログラミング言語です。RubyのフレームワークであるRuby on Railsも人気が高く、フリーランス市場でも高単価が期待できる技術です。

この記事では、RubyのメリットやRubyエンジニアの仕事内容、求められるスキルなどについて説明します。

Rubyのフリーランス案件はこちら

Rubyエンジニアへの需要と人気の理由

Rubyは、Web系のシステム開発案件などに用いられるオブジェクト指向言語です。Webアプリケーション開発に主な需要があり、ECサイトやメディアでも使用されることが多い言語です。

Rubyの最大の良さは、他言語と比較して少ない行数でプログラムを作ることができること。更に「Ruby on Rails」という優秀なフレームワークが登場したことによって、Webアプリケーションの開発コストが革新的に下がったことです。

一方で、Rubyの需要は低下しているという見方もあります。GitHubが発表しているThe top programming languages | The State of the Octoverseでは、2014年の5位に対して、2022年は10位まで落ちています。バックエンド開発では、TypeScriptやPythonが順位を上げており、トレンドが移り変わっていることが分かります。

Rubyを採用している企業・有名Webサービス事例

現在Rubyを積極的に採用しているのは主にベンチャーやスタートアップ企業です。とはいえ、国内外問わず誰もが知っているサービスも多数含まれています。(厳密には、Ruby on Railsでの開発が行われています。)

海外Webサービス開発事例

  • Github
  • SlideShare
  • Airbnb

国内Webサービス開発事例

  • Cookpad
  • 価格.com
  • マネーフォワード

ただ、最近ではRubyではなくPython / DjangoやNode.jsを採用するケースも増えてきています。

Rubyが持つ3つのメリット

他の言語と比較した場合に、Rubyにはいくつもの特筆すべきメリットがあります。

プログラムがシンプルで、開発工数を削減できる

上述した通り、とても合理的でシンプルな言語なので、匿名関数の記述量も少なくソースが短くて済みます。「Ruby on Rails」を活用しながら開発を進めることで、開発工数そのものの時間や労力を大きく削減し、効率化することができます。

チームでの開発がしやすい

Rubyは可読性が高く、直感的に理解しやすいので、プログラミング初心者にとっても学習しやすい言語です。フレームワークである「Ruby on Rails」を用いていれば基礎がしっかりと固まっているため、複数のエンジニアが作業をしても、クオリティがバラつきにくいというメリットもあります。

日本語ドキュメントの多さ

元々の開発者が日本人のため、日本での愛好家が元々多いのもRubyの特徴。英語が苦手なエンジニアの方にとっては、日本語でのサポートが期待できることは大きなメリットになります。

その他にも、OSSのためバージョンアップが速かったり、P圧倒的に人気のあるフレームワークが既に存在しているため画一化がしやすいなどのメリットがあります。

Rubyエンジニアの求人案件は?高単価・高収入を目指せるか?

FAworksで取り扱っているRuby 案件の平均月額単価は74万円、最高月額単価は100万円、最低月額単価は42万円です。

月額単価が80万円を超えるような案件では、要件定義や基本設計、アーキテクチャ設計などの上流工程の経験や手マネジメント経験が求められます。

フリーランスのRubyエンジニアが高収入の理由

2024年現在では、“Rubyを扱えるエンジニア = 高単価” ではなくなってきています。 数年前までは下記のような理由でRubyエンジニアは高収入を実現しやすい状況でした。

  1. PHPやJavaなどの主要言語に比べ、まだ技術者の数が少ない
  2. Ruby on Railsを使いこなすためには、システム全体への理解が必要(スキルの高さ・知識の深さが必要)

ただ、現在では他言語の台頭もあり、高単価案件では下記のような経験が必須で求められるケースがほとんどです。

  1. 要件定義や基本設計、アーキテクチャ設計などの上流工程の経験
  2. チームマネジメントの経験
  3. フロントエンドやインフラなどフルスタックに近い開発ができること

このような経験がある場合は、年収1,000万円を超えている方も多いです。

アメリカでは平均年収1000万円越え!?

過去、アメリカではRuby on Railsプログラマの平均年収は1,300万円というデータが発表され全プログラマで1位に輝いたことがあります。当時、他のプログラマの平均年収は言語によってバラつきはありますが、360万円から600万円ともいわれていたため、高単価であったことが分かります。

Ruby案件の主な仕事内容

Rubyのスキルが求められる案件にはどのような特徴があるのか、いくつかのポイント別に解説します。

社内業務システム

社内業務システムの基盤に関わる案件が多数あります。Rubyは要件や機能が多く、継続的に運用していくようなシステムを構築するには最適です。また既存のシステムをRuby on Railsに仕様変更するといったプロジェクトもあります。

Webサービスのプロトタイピング

Webサービスのプロトタイピングのように、プロトタイプを構築して要件を洗い流してはすぐに作りなおすといったものは、従来だとスピード重視のPHPが最適だとされていました。しかし、Rubyでも速度重視の開発も十分可能となったので、近年では増加傾向にあります。

機械学習

ビッグデータやデータサイエンスの領域ではPythonやRが主流ですが、Rubyにも機械学習関連のライブラリが開発されています。PythonやRと比較すると案件数は少ないですが、機械学習関連のプロジェクトでRubyの経験が求められる場合もあるかもしれません。

課金システム開発

課金と決済処理に関するプラットフォーム開発も増えています。コンテンツ配信プラットフォームを最初から構築するというのではなく、すでに運用中のコンテンツの課金・決済処理等のプラットフォームを追加するという開発も見受けられます。

ゲームプラットフォーム設計

新規ゲームのプラットフォーム開発など、プロジェクトの立ち上げ時から上流工程メンバーとして参加できる案件も少なくありません。近年ではソーシャルゲーム関連の案件も増えています。

動画プラットフォームの開発

動画サイトの人気はますます上昇中であり、動画再生のための運用設計、バックエンドの設計、実装、テストなどに関わる案件もあります。なかには大手動画サイトの案件もみつけることができ、開発環境が整備されている上に、長期契約となるケースも少なくありません。

Rubyのフリーランスエンジニアが高単価案件を受注するには

フリーランスとして高単価案件を受注するためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。Rubyの経験はもちろんのこと、異なる言語を理解していることも大きなアドバンテージです。

要件定義やシステム設計のスキル

開発プロジェクトの上流工程の一部である要件定義や基本設計のスキルは高単価に繋がります。 要件定義は開発者視点でシステムの要求をまとめて、具体的な進め方を決定します。システム開発における最初のフェーズであるため、その後の工程にも影響する重要な作業です。基本設計では、要件定義をもとにUI設計や裏側の処理、データベース設計などを行います。システムの大枠を決定するフェーズであるため重要性の高い作業です。

上流工程 x Ruby の案件一覧

マネジメント能力

テックリードやリードエンジニアとして開発チームのマネジメントをしながら、開発業務を遂行できるエンジニアは市場価値が高く高単価案件が受注しやすいです。 具体的には、開発メンバーの育成、スケジュール管理、システム開発のパフォーマンス向上などが求められます。

テックリード x Ruby の案件一覧

クラウドインフラの基礎知識

クラウドインフラが主流になっているため、サーバーサイドエンジニアにもAWSやGCPの運用・構築スキルが求められる機会が増えています。

チーム開発経験

Rubyは複数プログラマの分業が容易ですし、高額案件ともなれば大規模チームで動くことも珍しくありません。ひとりでコツコツ作業できる職人気質もエンジニアには大切ですが、同時に誰かとチーム開発でパフォーマンスを出せることも重要です。そのため、チーム開発の経験、Gitが問題なく使えることを問う案件も多いです。

Rubyの資格取得はフリーランスの武器となるか

求人数は増加の一途のRubyですが、フリーランスに転職しても活躍できるのでしょうか。またその際に資格を取得しておくべきなのでしょうか。

Rubyエンジニアは転職しても業界で活躍できるか

Rubyはフリーランスに転職しても、業界内で十分活躍できます。エンジニアだけではなくデザイナーもRubyのスキルを身につけ、フリーランスとして独立する人も少なくありません。

求人数も多いですが、高単価案件を狙っている人も多いのが現状です。その中で、エンジニアならではの強みをみせるために、技術者認定試験制度を利用することを検討しても良いかもしれません。

Ruby技術者認定試験制度とは

Rubyをベースとしたシステムの設計・開発・運用などを担うエンジニア、Rubyを教えている講師、Rubyでシステム構築することを提案するコンサルタントなどを対象とした試験です。

取得できればRubyエンジニアとしての技術力を持ち、高水準のシステム開発ができことが証明されます。試験を目標に勉強することで復習にもなりますし、もちろん企業に向けてのアピール材料としても使えます。

独立の際に習得しておくべきなのか

とくに資格がなくてもRubyを使用することはできますし、実力さえあれば仕事に差し支えはありません。しかし、フリーランスとして独立するならば、実力を証明するような資格をひとつでも持っていたほうが便利です。すべてのプログラミング言語に資格試験があるわけではないので、Ruby技術者認定試験を受ける価値は十分にあるといえるでしょう。

またRuby技術者認定試験に関する勉強ツールは多数あり、たとえば参考書やオンライン学習教材など充実しています。一説にはほとんどのエンジニアが、自学で突破しているともいわれています。Rubyエンジニアとして仕事をしている人ならばなおさら、短期間の準備で合格している人も珍しくはありません。

フリーランスエージェント「FAworks」について

FAworks は IT フリーランス向けのエージェントサービスです。システムエンジニアやデザイナー、マーケター、ITコンサルなど幅広い案件を取り扱っています。

サービスの特徴

FAworks の特徴は大きく 3 つあります。

  1. アドテクや DX 関連の案件が豊富
  2. 若手エンジニアのキャリア構築
  3. 最短即日での報酬受け取りが可能

アドテクや DX 関連の案件が豊富

FAworks は株式会社EVERRISEという開発会社が運営しております。EVERRISE はアドテクや DX を強みとしているため、フリーランスエンジニアの方にもそれらの案件をご紹介することが可能です。また、それらの案件はエンド企業から直接受けているものも多いため、高単価でのご紹介も可能です。

アドテクや DX 関連の案件に挑戦したい方も是非お気軽にお問い合わせください。

若手エンジニアのキャリア構築

若手エンジニアの方や初めてフリーランスに挑戦する方のサポートも積極的におこなっています。フリーランス市場では、経験年数が浅いと案件を獲得しにくいということもありますが、FAworks のキャリアアドバイザーが長期的なキャリアを考慮した案件紹介をおこないます。

また、初めてフリーランスに挑戦される方には税金や保険などの税務サポートも実施しています。

最短即日での報酬受け取りが可能

FAworks では、「Early-Site」を導入しています。月ごとにご利用の有無を選択することができ、報酬確定後最短即日でのお支払いが可能です。詳細はこちらよりお問い合わせください。

フリーランスエージェントの選び方

現在、多くのフリーランスエージェントが展開しており迷う方も多いかもしれません。フリーランスエンジニアの場合、クラウドソーシングや SNS で案件を獲得するという方法もありますが、エージェントを使用することで営業する手間が省けたり、トラブル時にエージェントが対応してくれるなどのメリットがあります。

フリーランスエージェントを選ぶ際には下記の点を確認してみることをおすすめします。

  1. 案件の特徴
  2. 取り扱っている案件の商流
  3. キャリアアドバイザーの対応

案件の特徴

フリーランスエージェントによって得意な領域は異なります。FAworks の場合は DX やアドテク周りの案件が多いのが特徴です。他にも、大手企業の案件が多いエージェントや副業案件が多いエージェントなどもあるため、希望する案件が豊富なエージェントを選びましょう。

取り扱っている案件の商流

商流は案件元の企業からエージェントまでに何社挟まっているかを示します。商流が深い(=間に挟まっている企業が多い)案件は単価も低くなりやすく、トラブルも起きやすいためなるべく商流が浅い案件を取り扱っているエージェントをおすすめします。 商流に関しては、案件紹介時に確認できますので担当営業に確認してみると良いでしょう。

キャリアアドバイザーの対応

キャリアアドバイザーは、フリーランスエンジニアのスキルや専門知識を理解している必要があります。業界の最新のトレンドや技術についてどれくらいの理解があるのかは顔合わせ時に気にしてみてもいいかもしれません。また、希望条件やキャリアプランを正確に理解してくれているのかも重要です。キャリアアドバイザー次第では、最適な案件に出会えなくなってしまうため、技術や市場への理解があるキャリアアドバイザーを選びましょう。

フリーランスエンジニアのための案件・求人紹介サイト

  • エンド直案件多数
  • 支払いサイト0日も可能!

簡単60秒無料登録

フリーランスの経験はございますか?

アクセスランキング

カテゴリー一覧