Swiftエンジニアの仕事や年収からフリーランス求人案件の特徴まで紹介

Swiftエンジニアの仕事や年収からフリーランス求人案件の特徴まで紹介

アプリケーション開発言語として注目されているSwiftの言語的特徴や開発環境、そして代替言語であるObjective-Cとの違いなどを解説しています。また、Swiftエンジニアを目指す方に向けて、年収や需要と将来の予測、キャリアパスなど役立つ情報も紹介しているので、ぜひ今後の参考にしてください。

目次

  1. Swiftの基本情報
  2. Swiftエンジニアとは
  3. Swiftエンジニアのフリーランス求人案件の特徴
  4. まとめ

Swiftの基本情報

Swiftエンジニアを目指す方やSwiftに興味がある方に向けて、まずSwiftの特徴や歴史、言語の特徴などを解説していきます。

Swiftとはどんなプログラミング言語?

SwiftはApple社が2014年に開発したプログラミング言語で、Apple社の製品で使われるiOSやmacOS上、Linuxサーバー上で動くアプリケーションの開発に使われます。Apple社は自社製品のハードウェア・ソフトウェア両方を開発していることから考えると、Apple社によって作られたSwiftはApple製品を手がける上で欠かせないプログラミング言語であると評価できます。

また、Swiftは「モダン」「安全」「光速」「インタラクティブ」という4つのキーワードを軸としており、それまでApple社製デバイスのアプリケーション開発に用いられていたObjective-Cの代替言語として、あらゆるプログラミング言語を参考に作られました。

古い言語の読みづらさや分かりづらさ、書きづらさを克服して「モダン」な言語となっています。また、バグが発生しやすい部分にはあらかじめ文法的な制約を設けていることから、プログラマやユーザーにとってより「安全」な言語でもあります。

またまだ未熟な分野ですが、Swiftの速さやメモリ容量を節約できるなどの特長を生かして、サーバーサイドSwiftという考えのもと、アプリケーションのバックエンドにも使われています。

SwiftはLLVMと呼ばれる高速なコンパイラを採用しているため、ビルドも実行も「高速」で、Swiftの開発環境上、プログラムの実行結果をリアルタイムに確認しながらコーディングができるという「インタラクティブ」性を備えています。

Swiftの登場によりApple社はハードウェア、OS、開発言語の3つを手にしました。その結果、Apple社のデバイスで使用するアプリケーション開発でSwiftを使用すると、よりネイティブなレベルで動作させることができ、かつOSの機能をフルに活かすことができます。

Swiftの歴史は?

Swiftは、2014年6月のWWDC(Worldwide Developers Conference)で初めて発表されました。この発表は事前情報やリークがなく、世界中を驚かせたことから、Appleらしさが前面に出ていたことがうかがえます。

その後、2014年9月15日にSwift1.0が公開され、12月には1.1、翌年9月にはSwift2.0、さらに翌年9月にはSwift3.0と、プログラミング言語としては非常に速いペースでバージョンアップしていきました。

Swift発表直後はObjective-Cに代わる言語として注目されていましたが、開発環境のXcodeがクラッシュするなどの不具合から、Apple社は安定した開発環境の構築を急いでいます。2019年8月現在の最新版は、2019年4月に発表されたSwift5.0.1です。

Swiftではどんなものが開発される?

iOS7以降、OS X 10.9以降の上で動作するアプリケーションが開発可能です。例えば、MacBook、AppleTV、Apple Watchシリーズなどが該当します。

Swiftの開発環境は?

Apple社が提供するXcodeというIDE(統合開発環境)で開発できます。Xcodeにある「playground」で記述したコードの動作を確認しながら、つまりインタラクティブにコーディングできます。

SwiftとObjective-Cの違いは?

SwiftはObjective-Cより安全かつ使いやすい言語を目指して開発されているため、Objective-Cとは宣言の制約や型判定、文法が異なる点があります。まず、Objective-Cでは変数や定数の型を推測してくれましたが、Swiftでは型を明示的に宣言する必要があります。

配列や辞書(ディクショナリ)はすべてのデータ型を扱えます。Objective-Cではオブジェクトしか格納できませんでしたが、この制限はなくなりました。

空データ(nil)の扱いも異なります。Objective-Cでは変数にnilを代入できましたが、Swiftではできなくなりました。nilを代入させないことにより、バグのリスクを低下させています。

また、「;」(セミコロン)をステートメントの末尾に付ける必要がなく、改行はコンパイラが自動的に認識します。

SwiftではObjective-Cにはなかった制約を設けてバグのリスクを減らしながらも、セミコロンやmain()関数を省略可能にするなどシンプルになるようにデザインされています。

Swiftエンジニアとは

Swiftを用いたアプリケーション開発などを行うエンジニアを、Swiftエンジニアと呼びます。ここでは仕事内容や年収、キャリアパスに加えて、これからSwiftエンジニアを目指す方に向けた勉強法や案件の特徴などを解説していきます。

Swiftエンジニアの仕事内容は?

SwiftエンジニアはiOSアプリ、macOSアプリ、watchOSアプリなどの開発に携わることができます。これらのアプリケーションは従来Objective-Cで開発されていましたが、Swiftの登場によって、徐々にSwiftネイティブに移行しつつあります。アプリケーション開発をメインに活躍したいエンジニアであれば、Swiftエンジニアもキャリアパスのひとつとして視野に入れておくべきでしょう。

最新案件

Swiftエンジニアの年収は?

Swiftエンジニアの年収レンジは、ミドルクラスのエンジニアで500万円〜600万円程度に収まります。この年収に到達するには、Swiftを習得してコーディングができるだけでなく、Objective-Cやプロジェクト管理ツールなど、アプリケーション開発全般の知識も欲しいところです。また、1件あたりの単価が60万円〜90万円ですので、数さえこなすことができればさらに上の年収を狙うことも可能です。

Swiftエンジニアのキャリアパスは?

Swift自体比較的新しい言語のため、Swiftエンジニアのキャリアパスを考えるにはアプリケーション開発のエンジニアをモデルとするべきでしょう。Swiftという言語の特性上、キャリアパスのスタート地点はiOSやmacOSなどのアプリケーション開発を経験するところからスタートします。

Swiftによるアプリケーション開発に慣れてきたら、あるいは並行してKotlinやJavaを学ぶこともおすすめです。Swift、Kotlin、Javaとアプリケーション開発言語を押さえていけば、iOS、Androidのどちらにも対応できるエンジニアとしてキャリアを進められます。

またアプリケーション開発はフリーエンジニアとして案件を取る、あるいは自分でフリーウェアを開発するなど、スタイルは人によってさまざまです。アプリケーション開発の工程を一通り経験したあと、チーフプログラマなど管理系に進む道や、アプリケーションエンジニアとして活躍するスペシャリストの道があります。

注目度が高い言語で、チャレンジする風土のある企業はSwiftの採用にも積極的ですので、このような企業の案件に載る形でSwiftエンジニアを目指すのもおすすめです。

Swiftエンジニアとして働くメリットは?

Swiftは、ハードウェアからOSまですべてを手がけるAppleが開発した言語であるため、高い注目を集めています。Swiftエンジニアとして働くということだけでも、今後のApple社製デバイスのアプリケーション開発に携わる上で大きなアドバンテージになることは間違いありません。

Swiftエンジニアが活躍できる場は?

iOSやmacOSなどApple社製デバイス上で動くアプリケーションを開発する現場がメインです。iPhoneのシェアは依然として高く、Webシステムと連携するiOSアプリケーションやmacOSアプリケーションは少なくありませんので、アプリケーション開発を行うソフトウェアハウスやWebシステムを展開する企業などで活躍できます。また、社内エンジニアとして、システムの保守管理なども視野に入れることができます。

Swiftエンジニアとして働くために求められるものは?

Swiftの知識はもとより、Objective-Cなどアプリケーション開発にこれまで使われてきた言語の知識も求められます。Swiftは誕生からまだ歴史が浅いため、Objective-Cが完全になくなってしまったわけではありません。

Objective-Cの既存のコードをSwiftにコンバートし、Objective-Cで書かれたライブラリをSwiftで利用する場面もあり、SwiftエンジニアだからといってObjective-Cから完全に解放されるわけではありません。

そしてIDEであるXcodeの知識も重要です。Xcodeはエラー出力に若干クセがあるため、エラーをしっかり把握して解決する力をつけることが実務のパフォーマンスを左右します。Xcodeはマイナーアップデートでもアプリケーションの動作に影響を与えることも多いため、Swiftの言語仕様に精通することとAppleの動向を追い続けることが求められます。

そのほか、Apple社製デバイスの開発やリリースを行うため、AppleStore内でアプリケーションを配布するためのルールや仕組みも押さえておくべきでしょう。

Swiftエンジニアにはエンジニア未経験からでもなれる?

未経験でもSwiftエンジニアになることは可能です。Swiftネイティブなアプリケーション開発案件やSwiftを扱えるプログラマを募集している案件の中には未経験者を募集していることもあります。

ただし、プログラムを書いたことがないというのでは心もとありません。プログラミング環境は自前のパソコン上に整えることは難しくありませんので、まずはSwiftを書いてみるところからはじめましょう。

Swiftエンジニアになる難易度は?

比較的新しい言語であることからSwiftを扱えるプログラマは他の言語に比べると少ないため、案件取得の競争率は高くないでしょう。ただし、Swiftエンジニアとして活躍する選択は、自分の将来をAppleのSwiftの方針に預けることとなるため、エンジニアとしてのスキルをSwiftに集中させることを嫌うエンジニアもいます。また、コードの書きにくさや読みにくさを克服していることから、他言語と比べて言語仕様の面では習得は容易だと言えます。

しかしアプリケーション開発とWeb開発では、UIの作り方や画面遷移の考え方がまったく違います。iOSのアプリケーション開発では、UIKitというクラスライブラリやAutoLayoutというツールを使うケースが多く、習得にはある程度時間をかけなければいけません。

もともとObjective-Cでアプリケーション開発をしていたエンジニアであれば、Swiftエンジニアに移行するハードルはあまり高くないと思われますが、これから目指すのであれば開発環境を使いこなせるようになるために時間を割くことになるでしょう。

Swiftエンジニアになるための勉強方法は?

Swiftでアプリケーションを開発してリリースするには、Apple社のサービスを利用するための「Apple ID」、開発環境「Xcode」、AppStoreでアプリをリリースするための「Developer ID」、「MacBook」が最低限必要です。開発に必要なアプリケーションやIDはAppleの公式サイトやApp Storeから入手できます。

開発環境はXcodeがあればまずは事足りるため、以上を揃えてHello Worldの表示プログラムから書いていくことが勉強の第一歩となります。

Swiftの歴史はまだ5年ほどですが、バージョンアップが早くメジャーアップデートとしてSwift5がリリースされています。そのため、今現在最新のSwiftの仕様を勉強しつつ、バージョン間の違いを吸収するために過去のSwiftのことも知識として蓄えておきたいところです。

また、バージョンアップが早いので、Swiftに関する情報は公式サイトや英語のドキュメントに頼らざるを得ません。日本語への翻訳を待たずに、最新の情報をどんどん取っていくことが大切です。

Swiftエンジニアの需要は今後どうなる?

需要を予測するにはAppleのIoT戦略やウェアラブルデバイスとしてのApple Watchの動向を考えることが重要です。需要はiPhoneやMacBook、Apple Watchなどの拡がり次第です。Apple社の売上に着目すると、売上の半分以上はiPhoneで占められており、Apple社製デバイスが存在する限りSwiftエンジニアの需要が尽きることはないでしょう。

また、Swiftエンジニアとしての経験は、他のアプリケーション開発案件やIoTシステム開発案件に活かすこともできるため、アプリケーションエンジニアとしてSwiftを学ぶ価値はあります。

Swiftエンジニアのフリーランス求人案件の特徴

案件の内容や、必要とされるスキルや経験、そして高単価案件の狙い方などを解説します。

Swiftエンジニアの案件はどのような内容?

アプリケーション開発の中でも、SNSアプリやECサイトなど、拡大傾向にある分野のアプリケーション開発案件が目立ちます。また、ECサイトでは決済サービスの開発など金融周りの知識が求められる案件もあります。

Swiftエンジニアの案件獲得に必要なスキル・経験・資格は?

ライブラリはObjective-CやC言語を使っているケースもあるため、Swiftの経験に合わせて他言語によるアプリケーション開発経験を求められる傾向があります。また、開発チームが用いるプロジェクト管理ソフトウェア(JIRA/Redmine/Backlog等)の経験を求める案件もあります。少なくとも複数人が関わるプロジェクトで必要となる周辺ソフトウェアは押さえておくべきでしょう。

Swiftエンジニアの高単価案件を狙うには?

Swift自体が新しい言語のため、Swiftの深い経験よりも、他の経験をアピールすると高単価案件を狙いやすいと言えます。例えば、Swift以外のアプリケーション開発経験に加えて、ツールやGitの使用経験、開発効率化の提案やチームリーダーの経験などがあると採択率は上がるでしょう。

Swiftエンジニアの案件はどこで見つけられる?

求人サイトの中でもアプリケーション開発案件を探すと、Swiftエンジニアを募集している案件を見つけられます。Swiftは注目度が高いものの、新しい言語のため積極的にSwiftエンジニアを募集していない企業もあるため、求人サイトのコンサルタント、エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

SwiftはObjective-Cに代わる言語として2014年に発表された比較的新しい言語です。言語としての歴史が浅い分、注目度の割に競争率は高くなく、売り手市場が続いています。アプリケーション開発を武器にするエンジニアであれば、Swiftエンジニアは選択肢のひとつとして考えておくべきでしょう。