世界的ゲームエンジン「Unity」とは?フリーランス求人案件の特徴も紹介

ゲーム開発業界では、作業を効率化するためにゲームエンジンが欠かせません。中でもUnityは、ゲーム製作をするさまざまな企業で利用されています。それでは、Unityとは一体どのようなゲームエンジンなのでしょうか。ここではUnity初心者やフリーランスを目指す方に向けて、その特徴から案件の動向までをご紹介します。

目次

  1. ゲームエンジン「Unity」とは
  2. Unityエンジニアについて
  3. Unityのフリーランス求人案件の特徴
  4. まとめ

最新案件

ゲームエンジン「Unity」とは

元々ゲームエンジンは各ゲーム会社にて独自に開発されていましたが、「Unity」などの登場により一般の方でも気軽にゲームエンジンを利用できるようになりました。これにより難しい知識が無くても、ゲームを作れるようになったのです。

また、企業も開発コストを削減するためにUnityを導入するようになり、それに合わせてUnityを専門に扱うエンジニアも誕生しました。現在ではゲーム開発のさまざまな案件でUnityエンジニアが活躍しています。

そもそもゲームエンジンの意味は?

一昔前までコンピューターゲームの開発は、プログラミング言語で行われていました。しかし、近年のゲームはグラフィック技術が飛躍的に向上したため、オブジェクトの配置や物理的な演算などを全てプログラムだけで記述するのは難しくなってきたのです。

特に3Dゲームでは、リアルなキャラクターの動きが求められるようになり、従来のプログラミングだけで開発をするのは困難です。そこでゲーム開発をする企業は、グラフィックの動きやオブジェクトの配置などを実際に映像で見ながらできるように、ゲームエンジンというソフトウェアを開発しました。

ゲームエンジンが誕生してからは、キャラクターのモーションや行動ロジックなどの開発、デバッグが容易になったため、開発効率が大きく上がったのです。

Unityの提供元はどこ?

Unityを開発したのは、Unity Technologiesという企業です。元々この会社は、Over the Edge Entertainmentという名前でゲーム開発をしていましたが、当時発売したゲームがなかなか売れずに苦戦していました。そこで今度は、ゲーム開発の過程で作ったゲームエンジンに目を付けてUnityを開発したのです。

すると「ポケモンGo」の開発にUnityが使用されるなどして、知名度がどんどんと上がります。そして今ではアメリカのカリフォルニアに本拠を置き、ゲームエンジンだけでなくさまざまな分野の開発用ソフトウェアを製作する一大企業になったのです。

Unityのシェアはどのくらい?

ゲームエンジンの中でも、Unityのシェア率は世界でナンバー1です。プロレベルの仕様でありながら、個人でも気軽に使えるという理由からシェアを伸ばしているようです。

また、何かトラブルがあった際に質問ができる専用のコミュニティがあるという点や、解説サイトが豊富にあるという点も、シェアを伸ばしている要因であると考えられます。

Unityで開発できるゲームはどのプラットフォーム向け?

Unityで開発したゲームは、さまざまなプラットフォーム向けに出力が可能です。iOSやAndroidなどのスマートフォン、MacBookやWindowsなどのPC、PS4やXbox One、3DS、Nintendo Switchなどのコンソールゲーム機にも対応しています。

VRコンテンツの開発にも使用できますので、新しいゲーム機であればほとんど対応していると思ってよいでしょう。

Unityではどんなタイプのゲームが開発できる?

現在市場にリリースされているゲームは、おおまかに2D・3D・VRの3つに大別できますが、Unityではこれら全てのゲーム製作に対応しています。中でも昔からある2Dゲームは、作り方を解説しているサイトも多く、簡単なゲームであればチュートリアル的な感覚で作れるでしょう。

一方、2Dに比べて開発が難しいとされる3Dですが、実は3Dゲームも想像より簡単に作成できます。というのも、大きな問題となるキャラクターやオブジェクトを、アセットストアという場所で購入ができるからです。

ただ、3Dゲームは実写に近い高画質な映像が求められることもあるので、とても奥深い領域です。特にコンシューマー向けのゲームですと、高い技術が求められることがあります。

Unityで使えるプログラミング言語は?

Unityで使えるプログラミング言語は、C#です。元々はJavaScriptとBooも利用できましたが、現在ではこの二つの言語の使用が廃止されました。そのため、Unityのシステムをより深く使用してオリジナルゲームを作るのであれば、C#言語を学ぶことをおすすめします。

Unityはプログラミングなしでもゲームが開発できる?

Unityは、プログラミングの経験が無くても開発できるUIとなっています。例えば、3Dマップに建物を置きたい場合にも、マウスのクリックだけで簡単にできてしまうのです。

しかし、一切プログラムをいじらないで作れるゲームはとても汎用的なので、よりオリジナリティのあるゲームを製作するためにはC#の知識が必要となります。初心者の方は初めに簡単なゲームを作って、そこからカスタマイズをしながらC#を学んでいくのがよいでしょう。

Unityはゲーム以外の開発もできる?

スマートフォンのネイティブアプリやWebアプリでは、ゲーム以外でも3Dの技術が必要となることがあります。例えば、UIのデザインやキャラクターの動きの開発などがそれに当たりますが、このようなときもUnityを使用することができるのです。

また、遊園地のアトラクションでも3D技術を使用したものがありますし、リアルな映像が必要となる映像作品では、キャラクターの動きをリアルに再現するのにUnityのIKが活用できます。その他、医療や建築のXR分野でも技術が使われるなど、幅広いジャンルの開発にも利用されているのです。

その他Unityの特徴は?

Unityには、無料で利用できるという大きな特徴があります。規定として「自己資金や資金調達が年間で10万ドルを超えていない人」とありますが、日本円に換算して1000万円以上と高額なので、個人であれば多くの方が利用できると言ってよいでしょう。これからゲーム製作を行いたい方やUnityエンジニアになりたい方は、気軽にUnityを使って学習ができるわけです。

また、Unityにはアセットストアと呼ばれる、開発に役立つものを売っているショップがあります。ここには世界中のデザイナーやクリエイターが作った、さまざまな素材が販売されています。

「プログラミングの知識はあってもデザインができない」という方でも、アセットストアで購入すればプロクオリティのデザインを使用したゲームが作れるのです。

Unityエンジニアについて

Unityを学習して使いこなせるようになったら、企業への就職やフリーランスとして案件の受注を考える方もいるでしょう。ですがその前に下準備として、Unityエンジニアがどのような仕事をしていて、いくらくらいの年収を貰っているのかを知っておいた方がよいでしょう。

Unityエンジニアの仕事内容は?

Unityエンジニアの基本的な仕事内容は、ゲームの設計・開発・運用となります。これは主にUI/UX周りの組み込み業務やキャラクターの行動ロジック開発、データ収集・解析など、ユーザーが触れて体験する部分の開発を指します。

また、案件にもよりますが、企画の実現性を踏まえて改善案を提案したり工数の算出をしたりすることもあります。

Unityエンジニアの年収は?

2019年の時点でゲーム開発者の平均年収は、約550万円とされています。(参照元:https://cedec.cesa.or.jp/2019/docs/enquete_2019.pdf)また、一番多いのは平均年収が400万円~499万円の方たちで、その割合は約19%となっています。次に多いのが500万円~599万円で約17.5%、3番目が300万円~399万円の方で全体の約17%となっています。(参照元:https://cedec.cesa.or.jp/2019/docs/enquete_2019.pdf

では、Unityエンジニアの年収はいかほどなのでしょうか?具体的な平均値が算出されているデータがありませんので、フリーランスで提示される案件の額から換算してみましょう。VRのアプリケーション開発では400万円~960万円、ソーシャルゲーム開発では420万円~1080万円、スマートフォンのネイティブアプリ開発では250万円~800万円となっています。

また、スマートフォンのネイティブアプリ開発では金額に大きな差がありますが、業務内容が簡単なものから高度なものまであるため、クライアントの提示額にも差が開いていると思われます。

Unityエンジニアの需要・将来性は?

現在、Unityエンジニアの募集案件は豊富にあります。特にスマートフォン向けアプリ開発が盛んということもあり、ネイティブアプリやWebアプリのさまざまな開発でUnityエンジニアを募集しています。今後もしばらくは、この状態が続くでしょう。

しかし、数年先という長い目で見た場合、今の需要が続くかは疑問視されています。なぜなら、IT業界は技術の移り変わりが激しいからです。

一昔前まではゲームと言えばコンシューマーゲームが旺盛で、主にC++言語によって作成されていました。それに合わせてC++のエンジニアも数多くいたのですが、年々需要が少なくなり、今となっては当時と全く違う言語のエンジニアとして活躍している方もいます。

このような過去があることから、Unityも同じように衰退する可能性があるのです。そのため、Unityエンジニアはいつ需要が無くなってもいいように、幅広い言語を習得しておくことが大切です。

Unityのフリーランス求人案件の特徴

Unityのフリーランス求人案件の大きな特徴は、単価が高いということです。エンジニアの中には、高単価を狙ってフリーランスを目指す方もいるでしょう。

しかし、金額が高くなると同時に、レベルの高い技術や経験を求められます。そのためフリーランスを目指す方は、案件の特徴や自分が実際にフリーランスとして活躍できるレベルにあるのかをあらかじめ知っておく必要があります。

最新案件

どんなゲームの案件が多い?

スマートフォンのネイティブアプリ開発が盛んになっているということもあり、スマートフォン向けゲームアプリ開発の案件が多くなっています。案件内容は、ソーシャルゲームやRPGの開発、アニメーションデザインまで多岐に亘ります。

ゲーム以外の案件もある?

Unityはゲーム以外の開発にも利用できますので、ゲーム開発以外の案件も存在します。例えば気象予報の3Dアプリの開発や、施設型アミューズメント向けのキャラクターIKモーション制御・技術検証などがあります。

やはりUnityの特性上、ゲーム製作に使用される技術を他のアプリや製作物に転用したものが多いでしょう。スキルとしては、Unityを用いたシェーダーの作成経験やパフォーマンスチューニング経験、3Dモデリングの知識など、個人開発ではあまり使用しない高度なものが求められます。

必要なUnity関連の開発経験やスキルは?

Unityエンジニアのフリー案件で必要な経験やスキルは、案件によって異なります。案件によっては明確に「Unityでの開発経験3年以上、ソーシャルゲームでの開発経験3年以上」と記載されている場合もありますが、「スマートフォン向けゲームアプリ開発の経験」とだけ記載されている場合もあります。

しかし、どちらにせよ実際にUnityを使用してゲームを作成し、リリースまでを経験することが案件取得の鍵となってきます。また、ゲームの種類によっては、3DモデリングやUI開発の知識なども求められます。その他にはC#を使用することがありますので、C#の知識もあるとよいでしょう。

Unity関連以外で求められる開発経験やスキルは?

ゲーム開発の案件が主なので、プログラミングのスキルが求められることがあります。使用する言語はCやC++、Ruby、Python、Shellなど案件によって異なります。他にもシステム設計の経験や、Gitの使用経験が求められることもあるでしょう。

また、歓迎スキルに記載されることが多いのですが、サーバサイドでの開発経験やバックエンドの知識、他のツールやプラグインを使用した開発の経験を求める案件もあります。

単価はどのくらい?

先にUnityエンジニアの年収をご紹介しましたが、フリーランスの案件でどれくらいの単価を提示しているのかを見てみましょう。まず、案件の数が多いソーシャルゲーム開発ですが、~80万円の提示額となっています。同様にスマートフォン向けのゲーム開発では、~95万円。

また、施設型アミューズメント向けRealSense関連技術検証では~85万円、VRライブプラットフォーム開発では95万円となっています。(参照元:https://freelance.levtech.jp/project/search/?keyword=Unity&pcct%5B%5D=1&sala=7)平均年収と比べると、フリーランス案件の単価も高めとなっていることがわかります。

ただし、この提示額はあくまでも最高単価なので、個人の技術次第で変動することがあります。

まとめ

ゲーム製作を仕事にしたいという方は、Unityを学習することが一つの手段となります。まずは自分でゲーム製作をして、開発に携われるように技能を身に付けましょう。

また、これからフリーランスを目指す方は、さまざまな案件に携わって経験を積むことが大事です。開発経験や年数があると、フリーランス案件を獲得しやすくなります。