フリーランスが会社員よりもはるかに多くの報酬をもらわなくてはいけない8つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2016/03/01

top

フリーランスに対してよくある誤解のひとつに、「たくさんの報酬をもらえて儲かる」というものがあります。個人差はありますが、実はフリーランスにおいては「たくさんの報酬をもらう=儲かる」とは限りません。

多くの場合、フリーランスが会社員と同じ水準の生活をしようとすると、実は会社員よりもはるかに多い報酬を見込めるように計画する必要があります。本記事ではその理由についてまとめました。

もしあなたが会社員の方で「フリーランスってお金沢山もらってて良いよね」と思っていたとしたら、下記をまず読んでみてください。なぜフリーランスが必死になって多くの報酬を得ているかが分かります。

 

フリーランスが今までと同じ額の報酬ではやっていけない理由

1.福利厚生、そんなものは一切なし

1_fukurikosei

会社員時代に得ていた福利厚生、そんなものはありません。フリーランスとして独立すれば、すべての物事が自己責任です。

会社によって内容は異なりますが、多くの会社においては給与以外の形であなたの出費を減らしてくれる「目に見えない特典」が実は多くあります。会社員時代に家賃補助を3万円もらっていたあなたは、フリーランスになって同じ生活を続けるためには3万円多く稼ぐ必要があるのです。

社会保険料も、会社と今まで折半してきた人は、独立すればすべて自分持ちに。特に配偶者など扶養家族がいて、国民健康保険に継続して入っている場合には保険料だけでもかなりの高額になり得ます。

 

2.経費は全て自分持ち

2_keihi

会社員の方は、仕事に関わる出費をすべて経費として会社に計上していますよね。仕事のために自腹を切るというケースは、ゼロとは言えませんが少ないと思います。

独立すると、仕事に関わる出費であろうが、全て自分自身の懐から出ることになります。誰かと会うための交通費や食事代、オフィス代やインターネット代。1ヶ月で経費が15万円、20万円を超えることだってあり得ます。生活費と按分できる部分もありますし、経費として計上することで税制上のメリットがあるとはいえ、その大きな金額を一旦はすべて自分で処理する必要があるのです。

 

3.万が一体調を崩したら収入ゼロ

3_hospital

一番大きい理由が体調面。当然ですが、有給はありません。

大きな病気をして長期で入院なんかしてしまうと、入院期間はもちろん収入ゼロ。更に、万が一健康保険に加入していなければ、とんでもない額の医療費を請求される可能性もあります。

フリーランスの中には「たくさん稼がなくてはならない」と意気込みすぎて、頑張りすぎて体調を崩してしまう人が多くいます。たくさん稼ぐためには、まず自分自身の身体が健康であることが最重要です。

普段から健康管理には気を付けつつ、いざ体調を崩して数十万の出費になったとしても踏ん張れるだけの貯金はしておきたいですよね。

 

4.失業しても保障ゼロ

4_shitsugyo

会社員の場合は失業をしたとしても、ハローワークに行けば失業保険をもらえますよね。一方フリーランスは失業した後の公的な保障は一切ありません。

万が一事業が上手くいかず目の前でお金が尽きてしまった場合にも、救いの手はなかなか見つからないのです。

 

5.手取り金額が実は少ない

5_tedori

クライアントとの間で決まった報酬、そのままもらえる訳ではありません。源泉徴収税額を引かれた金額が、手取りに当たります。

支払金額が100万円以下の場合は支払額の10.21%、100万円を超える場合は支払額の20.42%に102,100円を加えた金額が源泉徴収税額に。確定申告による還付で戻ってくる可能性があるとはいえ、かなり大きな金額ですよね。

会社員の場合は所得金額に応じて5%〜45%と幅がありますが、695万円以下の場合は多くて20%までで収まります。195万円以下の場合は5%。

独立した直後は目の前の生活をするのに苦労をするフリーランスも多く、報酬がそのままもらえる訳でもないので、手取りを増やすために更に頑張る必要があります。

 

6.ボーナスもない

6_bonus

これも当然のことですが、働いていない部分に対しては報酬は発生しません。会社員時代にボーナスをもらっていた人に関しては、その金額も想定して考えてみましょう。

会社員時代に基本給が30万円で、ボーナスを2ヶ月分支給されていた人の場合、1年の支給額(税金除く)は14カ月分の420万円。12ヶ月でならすと1カ月あたり35万円となります。

フリーランスの報酬が会社員時代の月額の給与を超えたとしても、まだまだ会社員時代と同じ水準での生活をするには程遠いというケースもあるのです。

 

7.収入がとにかく不安定で読みにくい

7_fuantei

固定給与から離れるということは、ゼロから稼ぐということです。全く働かなければ稼ぎはゼロ。今ある程度稼げているからといって、数カ月後も同じように稼げる保証は全くありません。

フリーランスにとって最も恐ろしいもののひとつに「クライアントによる打ち切り」があります。フリーランスの契約は、良くも悪くも軽いため、もしクライアントがあなたの仕事に満足しなければいきなり終了になるケースもあり得ます。会社員時代のように「上司に怒られて終わり」というわけにはいきません。

たとえあなたの仕事が素晴らしいものであったとしても、クライアントの方針変更や鶴の一声で打ち切りにせざるを得ない場合だってあるのです。

フリーランスとして仕事をする以上、一社のクライアントに報酬を頼らず、複数の経路から報酬を得るようにしておく必要があります。

 

8.本業の仕事以外でやらなければいけないことがある

8_kakutei

すごく大変なのに一円の収入にもならない仕事があります。確定申告です。 仕事をしたくても、確定申告をしておかなければ大金のペナルティが生じる可能性があるため、嫌でも時間を取られます。

もちろん、体調を崩した時と同じで「仕事をしていない=収入ゼロ」。仕事以外のことで忙しい時期を見越して収入計画を立てておかなければ、いざその時期に忙しすぎて確定申告ができなかったり、売上が落ちこんで苦しんだりすることにもなりかねません。

確定申告の他にも、フリーランスには「お金にはならないけど必要な仕事」が多々あります。今までエンジニアとして技術向上に打ち込んできた人にとっては営業活動は大変でしょうし、人脈を広げるために参加するイベントや交流会にだって時間もお金もかかります。

 

フリーランスの向き・不向き

いかがでしたでしょうか。フリーランスは報酬を多くもらっているから儲かっているというわけではなく、会社員よりも多くの報酬を得ておかなければ、出て行くお金の多さに耐えられないのです。

フリーランスの世界ではよく「会社員時代の2倍以上を目安にして稼げ」なんてことも言われますが、あながち間違いではないと思います。

もちろん中にはフリーランスになって一気に稼ぐことができたという人もいますし、フリーランスならではの自由な働き方が合っているという人も多くいます。ただ、上記からも分かるように、フリーランスは決して万人にとって理想的な道ではありません。会社員もフリーランスも一長一短。向き不向きがあるものです。

独立した人の多くが、今まで自分がいかに会社に守られていたかを痛感します。一人立ちをした以上、自分の身は自分でしっかり守れるようにしっかり事業プランや収入計画を立てていきましょう。

 -フリーランス

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

フリーランス向け高単価案件が高単価になる7つの理由

フリーランスのエンジニアとして働かれている方なら誰でも、高単価案件を受注したいと考えていらっしゃると

誰でもできる!フリーランスとして長期的に成功するための10のコツ

フリーランス・独立には良い点も悪い点もありますが、自由度の高い働き方など「フリーランスならではの良さ

2017年確定申告の期限と手順まとめ

フリーランスや個人事業主の方は毎年必ず行わなければならない確定申告。 今年から独立してフリーランスや

フリーエンジニアの持ち物12選

皆さんこんにちは! 今日はフリーエンジニアの方が日頃持ち歩いているアイテムのご紹介を致します。 実際

【連載】今さら聞けないフリーエンジニア用語②

こんにちは! 連載2回目の「今さら聞けないフリーエンジニア用語」です! 今回は「Ruby」「Scal

【フリーランスあるある】面と向かって言いづらいけど、確実にフリーランスを疲弊させているクライアントの無茶振り言動5選

断りたくても断りにくい、クライアントからの無茶振り 先日、フリーランスWebデザイナーの友人に会って

フリーエンジニアの契約方法にはどんな種類がある?

【関連リンク】 ❏フリーエンジニアの収入は給料(給与)ではなく報酬。その違いは? ❏フリーエンジニア

フリーエンジニアが海外案件を探すためのサイトまとめ

企業雇用のエンジニアからフリーエンジニアとなって働くにあたり、最も労力を使うことの1つは案件探しでし

【比較表あり】フリーランスの救世主!カンタン便利な見積書・請求書発行ツール10選

【比較表あり】フリーランスの救世主!カンタン便利な見積書・請求書発行ツール10選

フリーランスで一番大変なのが事務作業 独立してから、何だかすごく忙しい割に稼げていない気がする・・・

フリーランスプログラマが常駐案件について知っておきたいこと

【関連リンク】 ❏フリーランスエンジニアとして働くなら目指したいリモートワーク ❏フリーランスプログ