ITエンジニアのスキルシート徹底解説!スキルシートの見本も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2021/10/27

ITエンジニア向けのスキルシートとは

ITエンジニアは、案件に参画する際に自身の経歴やスキルを証明する目的でスキルシートを提出する場合が多いです。また、フリーランスエンジニアの方でエージェントを利用する方はエージェントから希望通りの案件を引き出すためにもスキルシートは重要です。

スキルシートと職務経歴書の違い

基本的にはスキルシートも職務経歴書も自信の経歴やスキルを記載するものなので、異なる点はありません。しかし、職務経歴書の場合は特定の企業に対する志望動機を記載する場合もあります。スキルシートは特定の企業に向けたものではないため志望動機は必要ありません。

ITエンジニア向けスキルシートの書き方

スキルシートはエージェントやネット検索でテンプレートを簡単に手に入れることができます。基本的にはこのテンプレートを埋めていくのですが、スキルシートの書き方によっては案件に参画しにくくなる場合もあれば、逆に面談までがスムーズになる場合もあります。
また、スキルシートをしっかり書かないことで単価とスキルシート上のスキルの乖離や参画後のスキルアンマッチに繋がる恐れもあります。
FAworksでも多くのフリーランスエンジニアの方のスキルシートを拝見していますが、保有しているスキルをアピールできていな場合も多いので、スキルシートの正しい作成方法をしっかりと理解しておきましょう。

ITエンジニア向けスキルシートの必須項目とポイント

ITエンジニア向けのスキルシートの必須項目とポイントについて説明します。

・名前

もちろん名前は必須です。しかし、多くの場合は面談を設定する際にフルネームが必要になるのでスキルシートの段階ではイニシャル表記で大丈夫です。

・最寄駅

特に、エージェントに登録しているフリーランスエンジニアの方はエージェントの営業が案件を探す際に、現場から最寄駅は通える範囲なのか、どのエリアなら通いやすいかなども考慮して探す場合が多いです。そのため、スキルシートに最寄駅を記載する必要があります。

・業界

どのような業界を経験してきたかは選考に進む上で重要です。案件によっては業界知識が必要な場合もあり、その業界知識を保有していたり近い経験が過去にあると選考を有利に進めることができます。

・期間

1つの案件にいつからいつまで参画していたのかは必ず記載しましょう。もちろん理由にもよりますが、一般的に1つの案件の参画期間が短い方や案件と案件の間が空いている方は企業に好かれない傾向があります。もし、参画期間の短い案件や案件と案件の間が空いている場合は理由も記載するといいでしょう。

・経験言語/技術

経験言語や技術は重要です。案件毎にその案件で使用した言語や技術を記載しましょう。言語の場合は、フレームワークやライブラリなど、ここではできるだけ細かく記載することが重要です。また、その言語や技術をどのような場面で使用したかも記載するとより選考も進みやすく、参画後のスキルアンマッチも減らすことができるでしょう。

・担当工程

担当工程は重要です。「基本設計〜テスト」のように自分がどこから〜どこまでを担当したのかを案件毎に記載しましょう。また、フォローがある環境で担当した場合は「基本設計(フォローあり)」のようになるべく詳細に書くことでスキルアンマッチを減らすことができます。

スキルシートを作成する上での注意点

スキルシートを作成する上での注意点は下記です。

・名前をフルネームで記載しない

スキルシートの名前の欄は基本的にイニシャル表記で大丈夫です。フリーランスエンジニアやSESで稼働している正社員エンジニアの場合、営業がスキルシートを一斉配信する場合もあります。多くの場合はエージェントや営業がイニシャルに直していますがスキルシートには基本的にイニシャルで記載するようにしましょう。また、企業から面談依頼が来た際はフルネームが必要になるので、その際にフルネーム入りのスキルシートが必要になることもあります。

・過去の参画企業名を記載しない

スキルシートに過去の経歴を記載する際に企業名は伏せるようにしましょう。特定企業での業務経験を不特定多数に開示してしまう可能性もあるので、企業名は伏せて業界や業務内容を詳細に記載しましょう。また、経験企業に再度参画したくない場合はエージェントのコンサルタントに直接経験企業を伝えましょう。

ITエンジニアが案件参画しやすくなるスキルシートの例

ITエンジニアがスキルシートを作成する上での必須項目やポイントについて述べましたが、実際に企業に評価されやすいスキルシートを紹介しますので、是非参考にしてみてください。
また、スキルシートの作成について不安のある方はお問い合わせ頂ければ弊社のコンサルタントより直接作成方法をお伝え致します。

FAworksコンサルタントに相談する

スキルシートの例 

上記画像はスキルシートの一例です。

1.個人情報欄

こちらは名前をイニシャルにすることと、年齢と最寄駅をしっかりと記載することがポイントです。学歴に関しては、具体的な学校名ではなく「四年生大学卒業」のような記載でも大丈夫です。

2.技術アピール

ここは経歴のまとめのようなイメージです。経験スキルや得意分野について記載します。自己PRの欄では、経歴の要約に加えて業務外での活動や業務に取り組む上で意識していることなどを記載しましょう。また、個人での制作物がある場合はGitHubなどがあるとよりアピール材料として使いやすくなるので、自己PR欄にURLを貼ることもおすすめします。

3.保有資格

保有している資格について記載しましょう。この欄に関してはその分野の知見をアピールできる欄でもあるので所有している資格はITに関係なくても記載しましょう。

4.経歴

経歴の箇所に関してはできるだけ細かく記載しましょう。参画期間、プロジェクト名、業務概要、役割、規模、使用技術、担当工程が主な記載内容です。特に業務概要や使用技術の箇所での記載が少なく、不合格となるケースも多いため実際に経験した業務や使用技術に関してはできるだけ細かく記載しましょう。

まとめ:ITエンジニアにとってスキルシートは非常に重要

ITエンジニアにとってスキルシートは非常に重要です。実際には経歴もスキルも案件の必須要件を満たしていても、スキルシート次第で不合格となるケースも多いです。

また、経験が浅い方でもスキルシートで見栄えを良くできる場合もあるのでスキルシートの作成に悩んでいる方は是非お気軽にお問い合わせください。

FAworksコンサルタントに相談する

 

 -フリーランス

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

【エージェントが解説】フリーランスエンジニアの働き方とは?年収やメリットについても解説します

目次 フリーランスエンジニアとはどのような職業なのかフリーランスエンジニアの契約方法フリーランスエン

フリーランス向けエージェントの実態とは?スキル相場も!

現在フリーランスエンジニア向けのエージェントは50種類以上ありますが皆様はどのようにエージェントを選

フリーランスエンジニアのデメリットは?メリットと合わせて紹介!

エンジニアの方の多くは、フリーランスエンジニアを検討したことがあると思います。実際にフリーランスエン

フリーランスプログラマになったら保険はどうなる?

【関連リンク】 ❏フリーエンジニアにおすすめの交流会・勉強会の存在 ❏フリーランスプログラマとして知

高年齢になってもフリーランスエンジニアとして活躍し続けるためには?

「フリーランスエンジニアには年齢の壁が存在する」という話を聞き、今後もフリーランスエンジニアとしてう

フリーランスエンジニアで失敗しないために!スキル不足の対処法や必要なスキルについて

目次 スキル不足でもフリーランスエンジニアに挑戦できる?実務未経験でフリーランスエンジニアとして活躍

フリーランスエンジニア必見!スキルシートの書き方で押さえたいポイント

これからフリーランスのエンジニアとして活動していこうという方にとって、自分の能力を相手に示すスキルシ

【フリーランスあるある】面と向かって言いづらいけど、確実にフリーランスを疲弊させているクライアントの無茶振り言動5選

目次 断りたくても断りにくい、クライアントからの無茶振り1.工数を度外視して「安くしてほしい」と言う

2021年
フリーランスエンジニア向けエージェント
おすすめ10社比較!

近年、フリーランスとして働くエンジニアの方は増加傾向にあります。それに伴いフリーランスエンジニア向け

【2021年 最新版!】フリーランスエンジニアの単価相場徹底分析!高単価を目指すためには?

目次 【ポジション別】フリーランスエンジニアの単価相場【言語別】フリーランスエンジニアの単価相場フリ