残業だらけのエンジニアは要注意!その体調不良はうつ病かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2016/08/12

エンジニアは要注意!その体調不良はうつ病かも?

最近うつ病などの精神疾患にかかる人が増えていますが、精神障害での労災認定のうち、約60%がエンジニアなどの専門技術職なんだとか。あなたも知らないうちにうつ病予備軍になっているかもしれません。今回はそんなうつ病にフォーカスを当ててみたいと思います。

うつ病は気分が沈むだけではない!

うつ病と言うと「気分が沈む病気」と思われがちですが、それだけではありません。心身共に疲弊した結果、うつ病になってしまうのですが、気分が沈み始める前に、少なからず体調に現れて危険信号を発しているのです。

例えば、頭痛、肩こり、吐き気や胃痛、めまいなどの症状はありませんか?PCの画面に向かっていることが多いエンジニアは頭痛や肩こりは日常茶飯事なので、あまり気にしない人が多いのですが、気になってしまうぐらい痛む人や毎日続く人は要注意です。

この時点で身体が限界を迎えているサインですので、休養を取りましょう。放っておくとどんどんうつ病への階段を登ってしまいます。

気分が沈んで不眠症状が出たら急いで長めの休養を!

うつ病の典型的な症状として、気分の落ち込みがあります。「昨日上司に怒られた」など思い当たる原因があって2~3日気分が沈む程度は誰にでもあります。うつ病の場合、特別これと言った原因が思い当たらないのに、なんとなく悲しかったり、気分が沈んだりします。

こういった症状は日内変動と言って、午前中が最もひどく、夕方にかけて良くなっていきます。そのため、目が覚めても出社する気がおきず、休みがちになっていきます。しかし夕方ぐらいから元気になってくるので、「出社すれば良かった」などと休んだことを後悔するようになります。

また、うつ病ではほとんどの人に不眠の症状が出ます。疲れているはずなのになかなか寝付けなかったり、夜中や明け方に何度も目が覚めてしまい、再び寝付くことができなくなったりします。悪化すると結局朝まで一睡もできなかったなんてことも。

こんな症状が出始めたらすでにうつ病になっているかもしれません。しかしまだ初期段階なので、急いで長めの休養を取ってストレスから離れ、疲労が抜ければ回復する可能性はあります。

気力がなくなり興味が薄れ始めたらかなり危険

仕事だけでなく、楽しめていた趣味ですら興味が薄れ始めたり、平日だけでなく休日ですら気力が沸かずに動けなくなったらかなり危険です。体内のエネルギーがかなり不足してしまっているため、悪化するとお風呂に入る、着替えるという日常生活すらままならなくなります。

こうなったら月単位の長期休暇を取り、ストレスから離れてとにかく身体を休めてエネルギーを充填するしかありません。また、早く治したいのであれば、この時点で心療内科や神経科などの病院を受診することをおすすめします。

死にたいと思い始めたら急いで病院へ

こうなるとかなり末期症状です。「自分は役に立たない」「この世にいても仕方のない人間」「死にたい」など、自責感が出始めたら急いで心療内科や神経科などの病院へ行きましょう。そして出来れば休職など、3ヶ月以上の休暇を取ることをおすすめします。

この段階まで進むと、休養を取るのはもちろんですが、抗うつ剤や精神安定剤などの投薬が必要になる可能性が高いです。

うつ病かも…と思ったらとにかく休む!

うつ病を始めとする精神疾患に効果的なのはとにかく休むこと。
とは言え、「そんな簡単に休めないよ」と思った方が多いはず。筆者自身もエンジニアなので気持ちはよーくわかります。

でも!健康第一、いえ、命が第一です。

いわゆる「過労死ライン」と呼ばれるのが残業時間が月に80時間。エンジニア的には残業時間が80時間なんてむしろ短い方だ、なんて人も多いはず。しかし、うつ病どころか過労死まで招きかねないので、思い切って休みましょう。

筆者も一時期100時間以上残業していましたが、やはり心身ともに疲れ果ててしまいました。みなさんも同じことにならぬよう、ぜひ休んでください。
病院の診断書は何よりの味方になってくれますので、思い切って専門医を受診してみてください。

いかがでしたでしょうか?
思い当たる症状があった人は今すぐ勤務状況を見なおして、ぜひお休みを取ってください。今は大丈夫、という人も明日は我が身。自分は絶対大丈夫!と思っている人ほど要注意です。二度目になりますが、もちろん仕事も大事ですが、何より健康第一です。これを機に、自分の身体に耳を傾けてあげてくださいね。

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

 -ビジネス, 生活

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

エンジニアはなぜ朝が弱いのか?

エンジニアはなぜ朝が弱いのか?

エンジニアは朝が弱い、というイメージがありますが、果たして本当なのでしょうか? そして職業がエンジニ

絶対に使わないと損!エンジニア向けタスク管理ツールまとめ

エンジニアとしてスキルアップしていくためには、自身で快適な労働環境を作り、効率的に作業を行わなければ

エンジニアを父に持つ子供の遊びって…

エンジニアを父に持つ子供の遊びって…

子供っていくらおもちゃを渡しても、結局大人が使っているものが大好きですよね。 お財布とか携帯電話とか

エンジニアが転職を考える時に考えたいポイント

エンジニアの方が転職を考えるときは、他の仕事をしている方と同様にいろいろ悩むことでしょう。特に初めて

フルスタックエンジニアを目指すには。

フルスタックエンジニアを目指すには。

by Shunsuke Kobayashi 習うより慣れろと言うことわざがありますが、 エンジニアで

実は午前中は仕事してない?!エンジニアあるある

実は午前中は仕事してない?!エンジニアあるある

どの職業にも「あるある」はあると思いますが、今回は普通の人にはなかなかわかってもらえないであろう、エ

フリーランスは屋号をどのように決める?また決めるときの注意点は?

フリーランスの方が事業を始める際、悩みの種となるのが屋号です。「そもそも屋号とは何なのか」「絶対に必

1家に1人!旦那がエンジニアだと便利な5つのこと

よく便利なものに対して「1家に1台」とか言いますよね。 まさしくエンジニアはその「1家に1人」の便利

フリーエンジニア必見?!都内で気軽にノマドしよう!

フリーエンジニア必見?!都内で気軽にノマドしよう!

By Takashi Hososhima 今回のコンセプト フリーエンジニアといえば、特に決まった拠

エンジニア・プログラマーは知るべき!椅子の選び方のポイント

エンジニアやプログラマーなどの職業の方は、一日中椅子に座りっぱなしということも珍しくありません。一日