フリーランスセキュリティエンジニアは稼げる?単価や需要、求められるスキルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

情報セキュリティを専門に扱うセキュリティエンジニアは、エンジニアの職の中でも安定した需要がある仕事です。
この記事では、フリーランス市場におけるセキュリティエンジニアの単価相場や需要、求められるスキルなどについて解説します。

セキュリティエンジニアとは

セキュリティエンジニアは、主にサーバの構築、運用・保守を行います。さらに、セキュリティに配慮した設計やサイバー攻撃を未然に防ぐための調査や対策、改善を行います。
担当するポジションによっては、クライアントの要件をもとに企画、提案も行います。この企画をもとにセキュリティを考慮した設計を行い、実装に進みます。実装の際も、セキュリティに関する専門的な知識に加えて、ネットワーク設計やサーバ設計の知見も求められます。実装後は、セキュリティ検査を行い運用・保守へと移行します。

フリーランスセキュリティエンジニアに求められるスキル

セキュリティエンジニアに求められるスキルは多岐に渡ります。

・情報セキュリティマネジメントの理解

情報セキュリティマネジメントはシステムの計画から運用・保守を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、サイバー攻撃から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。セキュリティエンジニアとして働く上では必須の知識を身に付けることができます。

・サーバやネットワークの知識

セキュリティエンジニアは、セキュリティを考慮したサーバ設計やネットワーク設計ができることがキャリアアップに繋がります。また、運用・保守においてもサーバやネットワークの知識は必須です。

・OSやアプリケーションの知識

OSによってセキュリティの構築の仕方が異なります。そのため、OS毎のセキュリティの知識が求められます。少なくともMacとWindowsの知識はつけた方が良いでしょう。

また、セキュリティエンジニアにはアプリケーションの知識も求められる場合があります。脅威に対してアプリケーションでどのように対応するかを企画段階で検討する必要があるからです。そのため、セキュリティエンジニアとして上流工程を担当する場合はアプリケーションの知識も求められます。

・クラウドの知識

近年では、IaaS、PaaS、SaaSなどのクラウドサービスの普及しています。そのため、仮想化やクラウドに対応できる知識を身に付けておくことも重要です。

・法律に関する知識

セキュリティエンジニアの場合、セキュリティを強化しすぎた結果法律に触れてしまったという可能性も考えられます。そのため、個人情報保護法や不正アクセス禁止法などの関連する法律に関しては知識をつけておくことが必要です。

セキュリティエンジニアに求められる資格

セキュリティエンジニアは資格を1つも保有していなくても、フリーランスとして活動することは可能です。しかし、セキュリティエンジニアは求められる知識も多く資格を保有していることで有利になることも多いです。
フリーランスとして活動する中で、保有しておいた方がいい資格について解説します。

・情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験は、情報セキュリティに関する国家資格です。情報処理安全確保支援士試験は難易度の高い資格ですが、合格することで情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)として登録することができます。情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)は士業で、国のデータベースに登録されるため企業からの信頼度もあげることができますし、案件の受注もしやすくなるでしょう。

・情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験はセキュリティに関する基本的なスキルを身に付けることができる試験です。資格保有はもちろんですが、勉強することでセキュリティ性が高く安全なシステムを構築できる知識を身に付けることができます。

・シスコ技術者認定

シスコ技術者認定には、CCNAやCCNPなど合計6グレードの試験があります。ネットワークセキュリティに関する知識が求められる資格なので、セキュリティエンジニアとしては保有しておきたい資格の1つです。

フリーランスセキュリティエンジニアの単価相場

セキュリティエンジニアも他の職種と同様に、経験年数や担当工程によって月額単価が異なります。経験が1〜2年の場合は月額報酬が40〜45万円程度、ネットワークやサーバの構築ができれば月額報酬が60万円程度、クライアントへの企画、提案から対応できる場合は月額単価が80万円を超える案件もあります。
フリーランスセキュリティエンジニアとして、高年収を実現したい場合はまずはネットワークやサーバの構築の経験が積めるような案件への参画を目指しましょう。

フリーランスセキュリティエンジニアの今後

現在、ITエンジニアは需要の高い職種といわれています。そのため、フリーランスエンジニアの方も企業から重宝されます。では、セキュリティエンジニアはどうなのでしょうか。
セキュリティエンジニアの需要と将来性についてみてみましょう。

セキュリティエンジニアの需要は高い

企業にとってセキュリティは最も強化したい点といっても過言ではありません。情報漏洩をした際は企業の信頼に関わります。近年では、多くの企業がIT化を進めている背景があるためセキュリティエンジニアの需要は高まっています。

セキュリティエンジニアは将来性も高い

社会のIT化が進む中で、日本においてはエンジニアが不足しています。セキュリティエンジニアも例外ではありません。また、IT化が進むことでサイバー攻撃が増える懸念も高まります。そのような中で、セキュリティエンジニアは将来性が高いといえるでしょう。本記事で説明した通り、セキュリティエンジニアには幅広い知識が求められるので上流工程も担当できるようになるまでは年数がかかります。つまり、上流工程も担当できるセキュリティエンジニアはより将来性が高いといえるでしょう。

フリーランスセキュリティエンジニアの案件獲得方法

フリーランスエンジニアは仕事を自分で獲得する必要があります。フリーランスエンジニアが仕事を獲得する方法は主に3つです。

友人・知人からの紹介

正社員次第のツテや人脈を使い案件獲得をしているフリーランスエンジニアも多いと思います。こちらはエージェントを経由しないためマージン(手数料)が引かれず高単価が実現しやすいというメリットもありますが、トラブル発生時に自分で対応しなくてはいけないというデメリットも存在します。

フリーランスエンジニア向けのエージェント

特に初めてフリーランスエンジニアに挑戦する人はフリーランスエンジニア向けのエージェントを利用をおすすめします。フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用することで、営業の負担軽減やトラブル時に代わりに対応してくれること、そしてキャリアプランを提案してくれるなど多くのメリットが存在します。

クラウドソーシング

最後はクラウドソーシングを利用する方法です。クラウドソーシングは副業や10万円程度の単発の案件の受注には向いていますが、フリーランスエンジニアとして案件を受注するには向いていません。クラウドソーシングで継続的に案件を受注できる人はわずかなのでしっかりとエージェントを使用しながら継続性のある案件を受注しましょう。

 -フリーランス

  関連記事

稼ぐエンジニアと稼げないエンジニアはどこが違うのか?フリーランスエンジニアの勝負を分けるポイント5つ

目次 フリーランスとして稼げるエンジニア、稼げないエンジニア「技術力が高い人」が稼げるとは限らない理

フリーランスエンジニア必見!スキルシートの書き方で押さえたいポイント

これからフリーランスのエンジニアとして活動していこうという方にとって、自分の能力を相手に示すスキルシ

GCP フリーランス案件・求人の最新情報 2021年

目次 GCPとは?GCPのメリットGCPとAWSの比較GCPエンジニアの需要GCPのフリーランス案件

未経験からPHPエンジニアになるためには

IT業界では、人材不足が進んでいるため未経験からエンジニアを目指す方やフリーランスエンジニアを目指す

データサイエンティストになるには?具体的な方法と必要なスキル

データサイエンティストは、DX (デジタルトランスフォーメーション)やビッグデータの注目により、脚光

フリーランス市場で組み込みエンジニアは稼げる?年収相場や需要、必要なスキルについて解説

フリーランス市場で組み込みエンジニアとして活躍している方は多くいます。組み込みエンジニアはさまざまな

AWS フリーランス案件・求人の最新情報 2021年

目次 AWS(Amazon Web Services)とは?AWSのメリットAWSとGCPの比較AW

【連載】今さら聞けないフリーエンジニア用語①

  はじめまして!最近FAworksのWeb担当になりました石垣と申します。 フリーランス

フリーランス市場におけるPython案件の実情!目指す方法も

フリーランスエンジニアとして活躍したい方におすすめしたいプログラミング言語の1つがPythonです。

フリーエンジニアが案件受託の面談・面接について押さえておきべきこと

【関連リンク】 ❏フリーランスエンジニアなら知っておきたい単価や条件の交渉について ❏副業でフリーラ