フリーランスエンジニアで失敗しないために!スキル不足の対処法や必要なスキルについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

スキル不足でもフリーランスエンジニアに挑戦できる?

フリーランスエンジニアは、スキルに関係なく誰でも挑戦できます。しかし、フリーランスエンジニアは企業に即戦力として求められることが多いかつ、案件が獲得できなければ収入が0になるリスクも伴います。そのため、スキル不足と感じるのであれば正社員エンジニアとして経験を積んでからフリーランスエンジニアに転向することをおすすめします。エンジニア向けのスクールや自己学習でスキル不足を補う方法もありますが、フリーランスエンジニアとして評価されるのは現場での実務経験なので、正社員時代に充分なスキルをつけてから挑戦する方が安心でしょう

実務未経験でフリーランスエンジニアとして活躍するのは難しい

「あまりエンジニアとしての実務経験がないけど、自由な働き方が出来そうだしフリーランスエンジニアに挑戦したい」や「スキルはフリーランスエンジニアになってから身に付ければいい」と思っている方も多いかもしれません。しかし、現実は甘くありません。

実務経験がない方や1、2年の方が、フリーランスエンジニアとして継続的に案件を獲得するのは非常に難しいです。そのため、フリーランスエンジニアになってからスキルをつけることも困難です。今は実務経験が少ないが、フリーランスエンジニアを目指しているという方は、まずは正社員として実務経験を積むことをおすすめします。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアに必要なスキルは、エンジニアリングスキルだけではなく多岐に渡ります。しかし、ここに当てはまらないからといってフリーランスエンジニアとして案件を獲得できないかというとそうではありません。あくまでも、1つの基準として見ていただければと思います。

エンジニアリングスキル

フリーランスエンジニアへの転向を考えた際に、気になることの1つとして「スキルが通用するのか」があると思います。スキルについては一概に言えない部分もありますが、Webエンジニアの場合需要のある言語の経験があれば案件に困ることは少なくなるでしょう。また、JavaやPHPなどの比較的経験のあるエンジニアが多い言語でも、要件定義や基本設計などの上流工程の経験があれば参画は比較的容易です。フリーランスエンジニアとして活躍する上で大切なのは、需要を考慮した上で自分がどのようなスキルをつけていくかを把握することです。

関連記事:【エージェントが解説!】フリーランスエンジニアに求められるスキルとは?

スキルシート/ポートフォリオを用意する

フリーランスエンジニアを目指している方は、まずはスキルシートまたはポートフォリオを用意しましょう。スキルシートやポートフォリオを作ることで、自分のスキルを可視化することができます。また、今後のキャリアで目指していくスキルシートも作成するといいでしょう。目標に対して自分がどれくらいなのかを把握することができます。

関連記事:ITエンジニアのスキルシート徹底解説!スキルシートの見本も

エンジニアリング以外のスキル

フリーランスエンジニアは、自己管理能力やコミュニケーション能力も必要です。フリーランスエンジニアは、税務処理や稼働表の管理、場合によっては注文書や請求書などの管理も行う必要があります。また、フリーランスエンジニアとして案件を獲得する上でエージェントや企業とのコミュニケーションも発生するので、コミュニケーションも必須です。

フリーランスエンジニアがスキル不足を解消する方法

フリーランスエンジニアになってから、スキル不足を感じることもあると思います。そのような場合の対応方法について説明します。

正社員に戻る

「フリーランスエンジニアになってからうまくいかなければ、正社員に戻ればいい」このような気持ちでフリーランスエンジニアに挑戦する方もいます。フリーランスエンジニアとして案件を獲得できるかはタイミングや巡り合わせも関係してきます。そのため、1回挑戦して難しければ正社員に戻って経験を積んでから再度フリーランスエンジニアに挑戦するというのも選択肢の1つです。

書籍で勉強する

書籍でスキル不足を補うのも有効な手段の1つです。現場で新しいスキルをキャッチアップする際や部分的にスキルが足りてない場合の手段として有効です。

セミナーに参加する

フリーランスエンジニア向けのセミナーに参加するのもスキル不足を補う方法の1つです。エージェントが主宰しているものや勉強会という形でエンジニアの方が主宰しているのもなどいろいろなセミナーがあるので、そちらもおすすめです。

フリーランスエンジニア向けのエージェントに登録する

最後は、フリーランスエンジニア向けのエージェントに登録する方法です。直接的にスキル不足を補えるわけではないですが、場合によっては違う案件でスキル不足を補える可能性もあります。その場合、現場経験としてスキルシートにも記載できるので非常におすすめです。

エージェントへの相談はこちらから

 -フリーランス

  関連記事

PHPエンジニアのキャリアパスと年収の遷移モデル

PHPはWeb開発言語の中でも、1995年から人気が衰えない言語です。主に動的なWebページ制作等に

「フリーランスエンジニアはやめとけ」は本当なのか?フリーランスエンジニアの現実も紹介

目次 フリーランスエンジニアは本当にやめたほうがいいのか?フリーランスエンジニアはやめとけと言われる

フリーランスエンジニアの休日事情と過ごし方

フリーランスのエンジニアになった場合、休日はどのように取るのでしょうか。本記事では、フリーランスとし

フリーランスエンジニアの現実は?正社員エンジニアと徹底比較します!

ここ数年、エンジニアとしての経験年数が長い方だけではなく、1年程度の方でも正社員エンジニアからフリー

【初めてでも安心!】フリーランスエンジニアの案件獲得方法

フリーランスエンジニアに初めて挑戦する人は、どのように案件を獲得をするのか具体的に分からないという人

若手ITエンジニア必見!一度は考えておきたい「35歳」からのキャリアパス

  目次 誰もが悩むITエンジニアのキャリアパス目次「プログラマー35歳定年説」は嘘?本当

フリーランスエンジニアに資格は必要!資格の取得方法やおすすめの資格を紹介

目次 フリーランスエンジニアにとって資格は必要?フリーランスエンジニアにおすすめな資格8選PG(プロ

Scala フリーランス案件・求人の最新情報 2021年

Scalaはオブジェクト指向と関数型言語の特徴を統合したプログラミング言語です。TwitterやLi

フリーランスエンジニアの限界、年齢制限とは

フリーランスエンジニアとして活躍するには年齢による制限があるといわれています。しかし、実際に50代や

Unity フリーランス案件・求人の最新情報 2021年

目次 Unityでできることゲーム開発VR/AR開発UnityはC#で開発できるUnityの将来性U