PM(プロジェクトマネージャー)とは?PMの役割や最新のPM案件紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2021/11/29

ITプロジェクトにおいてPMは、ビジネスサイドと開発チームを繋ぐ非常に重要なポジションです。本記事ではPMの仕事内容や求められるスキルについて紹介します。最後にはフリーランス向けのPM案件も紹介していますので、是非ご覧ください。

PMとは

PMはProject Managerの略で、プロジェクトを統括する責任者のことを指します。プロジェクトに必要な工数の割り出しから人材確保などの必要な準備を行います。プロジェクトが始まってからは、プロジェクトの完了に向けて業務や人材の管理を行います。PMはプロジェクトを遂行させるだけではなく、利益や人材など考慮する事項が多く非常に難易度が高く責任が問われるポジションです。

PMの役割

PMの役割は幅広いですが、主な役割について紹介します。

クライアントからのヒアリング

プロジェクトの初期段階では、クライアントの目的からどのような開発を行うのか、その開発には予算や人材がどのくらい必要でスケジュール感としてはどれくらいになるのかを算出する必要があります。プロジェクトを進めていく中で変更点も出てきますが、ここで取り決める内容がプロジェクトの骨格になるので非常に重要な作業です。

チームビルディング

クライアントからヒアリングしたことをもとにチームビルディングを行います。クライアントの目的を達成するために、どのポジションにどれくらいの人数をかけるべきなのかやその人材を社内から調達するのか、もしくは社外から調達するのかをPMが取り決めます。メンバー決定後は、メンバーが同じ目的に向かって動けるように目標の共有や進捗管理を行います。

プロジェクトの遂行

実際にプロジェクトが始動してからは、メンバーがパフォーマンスを出せているのか、順調に進捗しているのかなどの開発側の管理からクライアントの要望に添えているのかや変更点がある場合はヒアリングを行うなどのクライアントとのやりとりが並行で発生します。PMとしては、クライアントの要望を齟齬なく開発側に指示する必要があるのでコミュニケーション能力が非常に求められます。

PMとPMOの違い

PMと混合されがちなポジションとしてPMO(Project Management Office)があります。通常は上記で説明したような作業をPMが行いますが、大規模なプロジェクトになるとPMだけでは対応できないこともあります。そのような場合にPMをサポートする役目としてとして入るのがPMOです。PMOの役割は、基本的にPMと同じでメンバーの管理や進捗管理を行いますがPMOはより細かいプロジェクトの管理を担当するためその点はPMと異なる点です。

PMに必要なスキル

PMはビジネス寄りの能力から開発寄りの能力まで幅広く求められるポジションです。PMとして最低限必要な能力について説明します。

管理能力

まずは、管理能力です。PMとして管理するものは大きく分けて予算、人材、スケジュールの3つです。予算に関しては、プロジェクトのどのフェーズでどれだけの人材が必要なのかを割り出し予算を管理します。人材に関しても、予算同様どのフェーズでどれだけの人材が必要なのかを考慮する必要があります。また、プロジェクト開始後も人材がパフォーマンスを出せているか、出せていない場合はどうのような対応を行う必要があるのかを迅速に判断し、スケジュールへの影響を最小限に抑えます。スケジュールに関しては、効率的かつ納期に間に合うよう進捗しているのかを常に確認します。

技術(エンジニアリング)に関する知見/経験

PMは開発メンバーへの指示も行うため、適切な指示を出すために必要な技術知識を求められます。そのため、PMだけではなくSE(システムエンジニア)としてどのような業界やスキルを経験してきたかも重要な要素の1つです。

リーダシップ

PMは開発メンバーやPMOを率いてプロジェクトを完成することが最大のミッションです。そのため、開発メンバーやPMOから信頼を得る必要があります。全員が目的を認識し目的に向かって動けるようにするのもPMに求められる重要なスキルです。

コミュニケーション能力

PMはクライアントとメンバー両者とのコミュニケーションが発生します。そのため、どちらにも認識齟齬が起きないようコミュニケーションする必要があります。最近では、リモートでのプロジェクトも多いため、口頭だけではなく文面でのコミュニケーション能力も問われます。

PMの平均年収

上記画像の通り。FAworks(未公開案件含め)のPM案件では月額報酬が80〜90万円の案件の割合が多いです。しかし、PMの案件では非常に高単価の案件も多くPMとしての経験年数や新規事業でのPM経験がある場合は月額で100万円以上の報酬を手にすることも可能です。

月額単価が100万円を超える案件はこちら

PMBOKとは

PMBOKとは、PMI(Project Management Institute)という組織が作成したプロジェクトマネジメントに関する手法を体系的にまとめたものです。PMBOKをプロジェクトマネジメントの標準として設けている企業も多いためPMとして業務を遂行する場合はPMBOKに基づいたマネジメントができるといいでしょう。また、PMIが認定しているPMPという資格もあり、PMPはプロジェクトマネジメントに関する一定水準のスキルを有することを証明することもできるので、この資格へのチャレンジも積極的に行うことをおすすめします。

PM案件(フリーランスエンジニア向け)

フリーランスエンジニアとしてPM案件に参画するメリットは、正社員エンジニアよりも高単価が狙える点や週2、3で参画できる案件も多い点です。FAworksではPM案件も豊富に揃えています。月額報酬が100万円を超える案件やアプリ開発におけるPM募集案件や新規プロジェクトの立ち上げ案件などもございます。PM案件をお探しの方やこれからPMに挑戦したい方は是非お問い合わせください。

PMの案件一覧はこちら

FAworks未公開案件やキャリアの相談はこちらから

 -キャリア

  関連記事

実務経験2、3年でフリーランスエンジニアになれる?必要なスキルについても解説

どれくらいの経験があればフリーランスエンジニアになれるのか気になっている方も多いと思います。最近では

よくある?プログラマに関連したネタツイートまとめ

よくある?プログラマに関連したネタツイートまとめ

プログラマの皆さんにとってあるあるなツイートをまとめてみました。 目次 座り方のバリエーション9つ医

【保存版】英語を仕事で使っていきたいエンジニア向け!おすすめ翻訳・英語学習補助ツールと活用法まとめ

最新の情報を追いかけるため英語での情報収集をしようとしつつも、苦戦しているエンジニアの方は多いですよ

【保存版】ついつい自分を甘やかすあなたが、自己管理能力を高めるためにすべき10のこと

場所も時間も自由が効くのは、フリーランスの特権。 ただその反面、自由だからこそ、時間にルーズになって

業界初!デスマーチ検索ができる案件情報サイトFAworks、4月1日リリース

※こちらはエイプリルフールネタです。通常のリリースに関してはこちらを御覧ください。 ~デスマーチなど

フリーランスデザイナー徹底分析!UI/UX案件も

フリーランスデザイナーは幅広くファッションデザイナー、CGデザイナー、キャラクターデザイナー、グラフ

ITエンジニアのキャリアパスとは?キャリアプランについて解説します

目次 エンジニアにとってキャリアプランは最重要エンジニアキャリアプランの例システムエンジニアやインフ

エンジニアにおすすめ文学・漫画10選!定番から冒険や青春小説も

今回は、ITエンジニアやプログラマーにおすすめの面白い文学4冊・漫画6冊をご紹介します。普段、読書は