アナ雪でJavascript!?最近の子ども向けプログラミング学習ツールがすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

top

 

生まれた時からスマホやタブレットが当たり前。

現代を生きる「デジタルネイティブ」の子どもたちは、5歳でiPadの使い方をマスターしていたり、アプリで遊んでいるうちに自然とひらがなや漢字・場合によっては英語を使いこなしたりと、私たち大人とは少し異なる幼少期を過ごしているようです。

※参考:新世代ェ・・・デジタルネイティブの恐るべき生態(Naverまとめ)

 

子ども向けプログラミング学習ツールが増えている

そんなデジタルネイティブの子どもたちの学習を更に後押ししてくれるのが、子ども向けのプログラミング学習ツール。

先日の「こどもの日」には、1万人プログラミングなんていうイベントも日本でありました。

最近の子ども向け学習ツールはゲーム感覚で楽しく学習できる作りになっていて、大人でも普通に楽しめてしまうんです。

 

これからを生きるエンジニアとしては意識しておきたい次世代の動きとして、子ども向けプログラミング学習ツールや、実際にどんな内容を学んでいるのかについてまとめました。

現状は海外発のサービスがほとんどですが、本記事では中でも日本語対応ありのものを中心に取り上げています。

 

 

アナと雪の女王でプログラミング!? Code Studio(Code.org)

puzzle-intro

https://studio.code.org/

  • 料金:無料
  • 環境:Webブラウザ
  • 運営:Code.org
  • 対象年齢:4歳以上(対象年齢ごとに分かれたコースもあり)
  • 日本語対応:◯(ボランティア翻訳のため若干読みづらい箇所あり)

 

アメリカの非営利団体「Code.org」が運営するプログラミング学習サイト。Code.orgと言えばオバマ大統領の演説が記憶に新しく、1億人以上の人が参加したと言われる「Hour Of Code」をご存知の方も多いのではないでしょうか。

Code Studioは彼らが運営するオンラインのプログラミング学習プラットフォーム。

 

「アナと雪の女王」のキャラクターを使って氷に模様を書くゲームや、「アングリーバード」のキャラクター・「スターウォーズ」のドロイド「BB-8」を動かすゲームなど、世界中の人々にお馴染みのキャラクターを使って遊ぶことができるのが大きな魅力です。

Hour Of Codeの他に、ステップ・対象年齢ごとに分かれた20時間コースもあります。

日本語の翻訳がボランティアによって行われていることもあり、まだ完璧ではないのが難点ですが、初心者の子ども・大人誰でも楽しめるのは素晴らしいの一言に尽きます。

 

 

実際にアナ雪コースをやってみた

puzzle-2

実際に「アナと雪の女王」コースでは、どのような学習をしているのかを覗いてみました。

 

puzzle-1

全20問、パズルゲームのような感覚でJavaScriptの基礎が学べるコースです。 初めは、キャラクターを使って一本の線を描くところからスタートします。

 

puzzle-3

そこから、「角度を変える」「繰り返す」などの動作を学んで行きます。 (原語が英語なので、英語が読める人は英語の方がスムーズに学習が進むかもしれません。)

 

 

puzzle-5

基本的に動作を組み立てる時に使うのは、「ブロックベース・コーディング」。

まずブロックを使ってロジックを組み立て、最終的にそれをコードに反映させるやり方で、ハーバードやバークレーなどアメリカ有数の大学でも使われている方法だそうです。

いきなりコードに入るのではなく、レゴやプラモデル組み立てのような感覚で、ビジュアルで学べるのが良いですね。

 

puzzle-6

終盤に近付くと、どんどんキャラクターの描く模様が複雑になっていきます。

 

puzzle-7

実際のJavaScriptのコードを見てみても、何も勉強せずにいきなりコードを勉強するより遥かに理解が深まるように思えます。

puzzle-8

子どもでも角度の概念が分かれば進めて行ける問題がほとんどですが、慣れていないと大人でも頭を悩ませる人は結構多そうです。

大人でも十分楽しめました。これが無料で利用できるのがすごいですね。

 

 

おさるのバナナを取り返せ!CodeMonkey

monkey

http://codemonkey.jp/

  • 料金:5,040円/年(お試し版は無料)
  • 環境:Webブラウザ
  • 運営:ジャパン・トゥエンティワン
  • 対象年齢:4歳以上(対象年齢ごとに分かれたコースもあり)
  • 日本語対応:◎(読みやすい)

 

イスラエル発、世界中で130万ユーザーを有するCodeMonkey。おさるのモンタを操作して、バナナをゲットしながらCoffeeScriptを学べるサイトです。

monkey-1

UIがクリアで、子どもでも迷いにくい仕様になっています。

monkey2

Code.orgではコードは表に出ない(基本ブロックで問題を解き、クリックして初めてコードが表示される)ようになっていますが、CodeMonkeyでは極力難しい説明を排除しつつも、コードを直接触る経験が出来るのが良いと感じました。

monkey4

全ての教材を利用するには年間のライセンス登録が必要ですが、ステージ30までは無料で遊べます。

イスラエルでは全国の小中学校1,700校の標準教材として導入されているそうです。

 

CODE COMBAT

combat

http://codecombat.com/

  • 料金:無料
  • 環境:Webブラウザ
  • 運営:CodeCombat
  • 対象年齢:記載なし
  • 日本語対応:◯(一部未翻訳、英語で音声が基本流れる)

 

combat3

200以上の国で、500万人のプレーヤーがいるというCodeCombat。コードを書くことでRPGのゲームが進行していきます。

combat2

他サービスとの違いのひとつに、どのプログラミング言語を使うかを選べること。Python(デフォルト)・JavaScript・CoffeeScript・Luaから選べるようになっており、自分が何の言語を学んでいるのかを分かった上で学習することができます。

combat5

基本英語で音声が流れますが、日本語ガイドが付いているのと、コード自体に英語が含まれているのであまり気にはなりません。

 

Scratch

scratch1

https://scratch.mit.edu/

  • 料金:無料
  • 環境:Webブラウザ
  • 運営:MITメディアラボ
  • 対象年齢:特に8〜16歳
  • 日本語対応:△(一部未翻訳、不自然な訳あり)

 

Scratchも、小中学生向けのプログラミング学習ツールです。Code Studio同様、Webブラウザで利用可能、ブロックベース・コーディングで視覚的に学べます。

scratch2

日本語対応ではありますが、ゲームによっては詳細や解説が翻訳されていない場合もあります。

x座標、y座標などの言葉が出てくる、難しい漢字が含まれる等から、中学生の方が合っているかもしれません。

 

Blockly-Games(β版)

google1

 

https://blockly-games.appspot.com/

  • 料金:無料
  • 環境:Webブラウザ
  • 運営:Google
  • 対象年齢:記載なし
  • 日本語対応:△(一部未翻訳、β版のため)

 

「パズル」「迷路」「鳥」「タートル」「動画」「Pond Tutor」「池」の7つのゲームの中から選べます。

ゲーム形式は他サービス同様、オブジェクトをコードを使って動かすものがメイン。

一部日本語に翻訳されておらず、英語が混ざっている状態なので、Code Studio等で慣れた後に使うと良さそうです。

 

これらが「当たり前」にある今の子どもたち

last

気になったことは、すぐにインターネットで調べられる。好きなことは、動画や学習ツールでどんどん自分で学べる。

すごい時代になったなぁと感じるばかりです。

今回は日本語対応をしているサービスに焦点を絞りましたが、英語サービスであればスマホ・タブレット用アプリ等も含め、更に充実しています。

 

全ての子ども向けサービスにおいて共通していたのは、JavaScriptなど「子どもにとって分かりやすく見えやすい」言語を扱っていたこと。

そして専門用語を極力減らしビジュアルをとにかく効果的に用いることで、苦手意識を生まれさせないようにしていたこと。

プログラミングを好きになった上で、どんどん深掘りしていくと飲み込みが更に速くなりそうですね。

 

日本もプログラミング必修化に向けて動いています。
10年後・20年後、今を生きる大人としてはこれから来る時代が恐ろしくもありますが、同時に子どもたちがどうなっていくのか楽しみでもありますね。

「子どもにしっかりプログラミングを学習させたい」と考えている方は、親子一緒に試してみてはいかがでしょうか。

 -プログラミング,

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

未経験からフリーエンジニアになるためのポイント

【関連リンク】 ❏フリーエンジニアに必要なプログラミング以外のスキル ❏フリーエンジニアの仕事にはど

100万ppsを受信するプログラムを書くのはどのくらい難しいのか?【翻訳】CloudFlare ブログ

無料枠が充実していることでも人気なコンテンツデリバリネットワーク (CDN) を提供するCloudF

Appknoxアーキテクチャ – AWSからGoogle Cloudへの切り替え

Appknoxアーキテクチャ – AWSからGoogle Cloudへの切り替え

この記事はAppknox社のフルスタック&DevOpsエンジニアであるdhilipsiva氏による寄

今、なぜフルスタックエンジニアになる必要が?

by Jim Pennucci 既にバズワードにもなりつつありますが、今、まさに現在進行中で、フルス

基本的なシステム性能とOSジッタを計測するためのツールキット

Linux サーバの基本的なシステム性能とOSジッタを計測するためのツールキット

Jean Dagenaisは、mechanical-sympathyのスレッドで、Gil Teneの

コーディングが捗るROCK MUSIC

コーディングが捗るROCK MUSIC

みなさんは作業をするときに音楽を聴きますか? 私は仕事中は聞きませんが、家で作業したり勉強するときは

プログラマが20代のうちにやっておきたい11のこと

  プログラマであれば、誰しもが耳にしたことがある「プログラマ35歳定年説」「転職の35歳

「ITエンジニアは何でも屋じゃない!」ITエンジニアが言われて困る一言とよくある誤解まとめ

ITエンジニアは、エンジニアではない人から「コンピューターやインターネットなら何でも詳しい」なんて思

フリーエンジニアの仕事にはどんな種類がある?

【関連リンク】 ❏副業でフリーランスエンジニアになる場合に押さえておきたいこと ❏フリーランスエンジ

フリーエンジニアにおすすめの交流会・勉強会の存在

【関連リンク】 ❏フリーエンジニアの生活はどんな感じ?時間管理を上手にするには ❏フリーエンジニアに