フリーランスは屋号をどのように決める?また決めるときの注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   


フリーランスの方が事業を始める際、悩みの種となるのが屋号です。「そもそも屋号とは何なのか」「絶対に必要なのか」「どのような屋号がよいのか」と、困る方も多いことでしょう。今回は、屋号の基本情報をはじめ、その使用目的および役割について説明した上で、屋号を決める際におさえておくべきポイントや注意点について解説します。

そもそも屋号とはどんなもの?

屋号とは、個人事業主や特定の企業や組織に属することなくフリーとして、法人もしくは個人相手に契約して働く方が事業を営むのに用いる事務所・お店・事業の名前などを指します。法人の場合の法人名、会社名にあたります。この法人・会社名は商号と呼ばれています。

屋号の意味とは?

法人名、会社名の正式な名前でもある商号は、法人や会社を設立するために登記しなければいけません。登記後は確定申告や取引先との契約に活用され、変更時には変更登記が欠かせません。逆に屋号は、絶対に登記が必須なわけではありません。個人事業主やフリーランスの開業手続きの際に、税務署への開業届の提出がありますが、開業届の必要箇所に屋号を記載して提出するのみで、屋号登録は済みます。
屋号を持つことで、事業で用いる請求書や領収書などを屋号表記で作成することが可能です。屋号名義の銀行口座を開設することもできます。事業用と個人用とに口座を分けると、お金の管理がしやすくなるというメリットが生まれます。

屋号は絶対に必要?

個人で事業を営む上で、屋号は必ずしも不可欠というほどのものではありません。屋号の有無については各々が自由に選択することができ、屋号を付けずに事業を営んでいるケースも珍しくはありません。会社に属さずにライターやエンジニアとして働く方ですと、個人名での活動が多いことを理由に、あえて屋号を付けない、というケースが多々あります。これから個人事業を立ち上げようという方が屋号を付けない場合は、開業届の屋号記入箇所を空欄のまま提出するだけで済み、これにより個人名での登録がされます。
個人で事業を営む上で、どのようなサービスや商品の提供・取り扱いを行っているか、また事業内容がどのようなものなのかを取引先や顧客に知ってもらうことは必須です。しっかりと事業を行っていることも証明しなければいけません。そういった際に屋号を付けることによって事業の内容を伝え、社会的信用を得ることが可能です。また、フリーランスおよび個人事業主として事業を営む自覚も芽生えます。これらのことを踏まえ、何かしら特別な理由のない限りは屋号を付けることをおすすめします。

屋号は変更できる?

商号を変更するには変更登記が不可欠ですが、法務局や税務署などといった、関連のあるいくつかの公共機関で手続きをしなければならず、手間がかかります。対して屋号の変更手続きは、非常に簡単に済ませられます。屋号の変更手続きには、特別な届出は必須ではありません。確定申告の折に、申告書や決算書の必要箇所に希望する屋号を記載して提出するだけです。また、開業届の新しい屋号での再提出によって変更することもできます。

フリーランスはどのように屋号を決める?

個人で事業を営む上での顔とも言える屋号は、いったいどのようにして決めればよいのでしょうか。屋号を考える上でおさえておきたいポイントについて、いくつか紹介します。

覚えてもらいやすい

個人事業を始めるにあたって重要なのが、何よりもまず名前を覚えてもらうことです。人の心に留まる屋号であることは、事業を営む上で非常に大きなメリットとなります。顧客や取引先に限らず、一般的に広く覚えてもらいやすく、印象に残る名前を付けることが、屋号を決める際の大切なポイントだと言えます。

事業の内容をイメージできる

どのような事業を営んでいるのかを容易にイメージできるような名前にすることも、屋号を決めるにあたって重要なポイントの1つです。例を挙げると、「○○不動産」「○○カフェ」「ペットショップ○○」などのようにさりげなく業種を含む屋号であれば、どのような事業内容であるのかは一目瞭然です。事業内容が分かっていれば、顧客も安心して依頼しやすくなり、営業面においてもその有効性が期待できます。しかし、あまりにも限定的な業種を含む屋号にしてしまうと、その業務しか行うことができないと見なされ、以降の事業展開に支障が出るおそれがあります。難しいですが、事業内容をイメージしてもらえて、かつ特定分野の業種に偏向しすぎないようなバランスのとれた屋号にするよう気を付けましょう。

読みやすく、書きやすい

屋号は開業後に何度も口にしますし、相手にも読まれる機会が増えます。しかし名刺交換や電話の度に、何度も聞き直されたり、正しく読んでもらえなかったりするようでは、元も子もありません。相手にストレスを与えることにもなりかねず、ビジネスパートナーとしての信頼を失ってしまうことさえあります。そうならないために、読みやすい屋号にするように心掛けましょう。顧客や取引先に領収証を発行してもらうのに、書きやすい屋号であることもおさえておくべきポイントです。事業主本人が書きにくい屋号だと感じても自業自得で済みますが、ビジネスパートナーにそのような苦労を強いることは避けるべきでしょう。字面やセンスを重視しすぎて、奇抜な屋号を付けないように気を配りましょう。

フリーランスが屋号を決めるときに注意すべき点とは?

屋号は意外と簡単に付けることができますが、決めるには気を付けなければならない点がいくつかあります。決める上での注意点をしっかりと理解し、無用なトラブルを避けましょう。

法人格の名称は使用不可

法人や会社を設立せずに個人事業を営む方が、屋号に法人や会社と錯覚させるような「株式会社」「合同会社」「Inc」などといった名前を用いることはできません。また同様の理由により、証券や銀行などといった業種の名前も屋号に用いることは禁止されています。

同一屋号はよい?

同一の屋号は、絶対に用いることが不可能とは限りません。ただし同一市区町村内では、屋号登録済みの名前を用いることができないケースがあります。また、同一の屋号にすることにより、後々トラブルに発展してしまうケースがあるのも否定できません。あらかじめインターネットで検索をかけて、他所の屋号と被っていないかどうか確認しておくことが重要です。また、最寄りの法務局にて、希望する屋号を用いることができるかどうか調査してもらうことも可能です。

商標登録には注意

他社が商標登録済みの名前を屋号として用いることはできません。そのことを知らずに用いてしまうと、たとえ故意ではなかったとしても、他社の登録商標を侵害したと捉えられ、訴えられてしまう可能性があります。基本的に同一業界でなければ、商標登録済みの名前を屋号に用いることは可能ですが、トラブルに巻き込まれないために、別業界で商標登録済みの名前も避けた方が安心でしょう。

ドメインの空きを調査

事業を始める上での営業活動の足掛かりとして用意しておきたいのが、ホームページです。ホームページ上に自己紹介、事業内容の詳細、お問い合わせフォームなどを掲載することで、サイト経由で業務の依頼が入ることもあります。ホームページには、できれば屋号と同一の独自ドメインを用いたいものです。ホームページを開設する予定があるのなら、希望の屋号名でドメイン取得ができるかどうか事前に調べておきましょう。また、サイト運用にはサーバーも必要なため、サーバーをどうするかについても検討しておきましょう。

まとめ

フリーランスの屋号の必要性、屋号を決める際のポイントや注意点についてまとめました。さまざまなメリットを持つ屋号は、持っておいて損することはありません。あえて持たないという選択肢もありますが、特に理由がない場合は持つことをおすすめします。自身の満足のいく屋号で個人事業の展開を目指しましょう。

 -ビジネス, フリーランス

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

エンジニアあるある!ネガティブフレーズまとめ

エンジニアあるある!ネガティブフレーズまとめ

残業あるのが当たり前、突然の電話で休日出勤、こんなのが当たり前のシステムエンジニアという職業。思わず

フリーランスエンジニアは税理士をつけるべき?

【関連リンク】 ❏フリーランスプログラマとして知っておきたい請求書のこと ❏フリーランスプログラマに

営業マンからエンジニアへ~Part 2~

営業マンからエンジニアへ~Part 1~

こんにちは、営業マンとしてエンジニアの皆様に面談でもっとアピールをしていただくために 「面談NGある

フリーランスになったら改めて確認!ビジネスマナーの基本

フリーランスになると、「印象」が自分の信用を左右し、仕事にも影響を及ぼします。独立を機に、改めてビジ

フリーランスエンジニアが報酬・単価を上げるためにやっておくべき10のこと

フリーランスになってからは、自身で案件や報酬を管理する必要がありますよね。 「目まぐるしいほど忙しい

フリーランスなら知っておくべき支払いの話

企業で働いていたエンジニアの方の中にはフリーランスになることを決めた時、独立=自由という考え方を持っ

フリーランスエンジニアの休日事情と過ごし方

フリーランスのエンジニアになった場合、休日はどのように取るのでしょうか。本記事では、フリーランスとし

フリーランス向け高単価案件が高単価になる7つの理由

フリーランスのエンジニアとして働かれている方なら誰でも、高単価案件を受注したいと考えていらっしゃると

フリーランスをこれから始める人へ!準備すべきことまとめ

フリーランスをこれから始める人へ!準備するべきことまとめ

★フリーランスになるには?★ フリーランスになるための準備が必要になります。 これから個人事業主とし

フリーエンジニアの持ち物12選

皆さんこんにちは! 今日はフリーエンジニアの方が日頃持ち歩いているアイテムのご紹介を致します。 実際