フリーエンジニアが抑えておきたい職務経歴の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

フリーエンジニアに職務経歴が必要?

職務経歴は、独立して働くフリーエンジニアにとっても無縁ではありません。確かに、基本的に雇用されて働くわけではないフリーエンジニアにとって、会社員として転職活動をしていた時ほど職務経歴を説明する機会もないように思えます。もちろん、クライアントを多く抱えて安定している方は既に信用を得ているので、これまでの経歴を今更説明する必要はないかもしれません。

一方で、フリーになりたての方にとってはどうでしょうか。まだクライアントの数も案件の数も少なく、新規に開拓する必要があるでしょう。そして、クライアント側から見ると、初めて会ったフリーエンジニアがどんな人なのかを知り、信用する方法の1つは経歴を確認することです。

職務経歴(書)が必要な場合

フリーエンジニアが職務経歴を説明しなければならないときは、大きく3パターンあります。

案件を受注する際に、職務経歴書の提出を求められる場合がある

案件を受注する際に、職務経歴書を提出しなければならない場合があります。企業によっては、特定のフォーマットで記入しなければいけないこともあります。

エージェントを利用する際に必要なことも

フリーエンジニアとして案件を得るためにエージェントを利用する方もいますが、ここでも自分の経歴の説明が必要になることがあります。エージェントも、全く素性がわからないエンジニアを抱えてリスクとなることは避けたいでしょう。

クラウドソーシングサイトなどで案件を探す場合

エンジニアという職業柄、案件探しにクラウドソーシングサイトを使うこともありますが、そのようなサイトでは経歴の記載が求められることもあります。また、記載が必須ではなくても、競争相手が多い案件を獲得するためのPRとして、記載をするメリットもあります。

フリーから再就職することになった場合

様々な理由で、フリーの身から再度会社員となり働きたいとなった場合は、通常の転職と同様に職務経歴書の提出や説明が必要となります。

職務経歴の書き方

それでは、実際に職務経歴を書く際に、どのように書いたら良いのでしょうか。

職務経歴に書くこと

概略

概略として、いつ何をしたかを時系列で書きます。フリーとなってからの経歴はもちろんですが、フリーとなる前の経歴も書きましょう。経歴を説明する大きな目的は自分を知ってもらってPRすることなので、その材料になるのであればフリー前の経歴も省略する理由がありません。
ただし、あまり詳しく書きすぎないようにしましょう。これは全ての記載事項に通ずることですが、経歴を読む人も暇ではないので、可能な限り簡潔にわかりやすく伝わる方が良いでしょう。特に概略であればなおさらです。
また、フリーになってからの経歴がいつからなのかわかるようにしておきます。ちなみに、法律に乗っ取って書くと、フリーランスは「個人事業主」という名称になります。

職務・業務の内容、実績

概略よりも詳しく、経歴を説明できる欄です。もちろん簡潔にわかりやすく書く方が読み手にとっては良いですが、PRできる事柄はなるべく具体的に書くと良いでしょう。
基本的には、どのような職務につき、どのような業務を行って、どのような成果をあげたかがポイントになります。
フリーエンジニアとしては、ここで過去のクライアントや制作・開発実績を書きたいところです。ただ、クライアントや案件によっては秘密保持義務によって開示できないこともあります。その場合は開示できる情報をまとめて、できる限りわかりやすく書くとよいでしょう。
また、それぞれの業務をどのような言語・開発環境で行ったかはエンジニアの経歴を語る上で外すことができません。目的の案件と関連した言語・開発環境であれば、PRの効果も強くなるでしょう。

保有資格

「情報技術者試験」「CCNA/CCNP」「Oracle認定Java Programmer」など、エンジニアとしてPRの材料となる資格を保有している方は書きましょう。一方で、職務経歴に資格を書かなければいけないという決まりはないので、特筆する資格がなければ省略してしまっても問題ありません。

志望動機

フリーから再就職するような場合には、なぜそうするのかを志望動機に書くと話が伝わりやすいでしょう。「収入が減ったから」など後ろ向きな動機ではなく、応募する職務への熱意が伝わるような前向きな動機を書いてPRしましょう。

得意分野・スキル

業務内容や実績の部分に含めてもよいですが、「オープン系システムの開発」など特にPRしたい得意分野があれば、別枠を設けて書いてもよいでしょう。読み手が業務内容や実績から得意分野を読み取る手間を省いてあげることができ、一発で伝えることができます。
同様に、スキルについても、特筆したスキルがあれば別個に書いた方がよいでしょう。

その他職務経歴の書き方のポイント

コミュニケーション力の高さを書き方でPR

特にマネージャーポジションの案件などは、コミュニケーション力が重要視されます。フリーエンジニアとして、エンジニア業務のみならず、営業などコミュニケーションを必要とする業務を日常的に行ってきた方は、その力を売り込みたいものです。
対面せずに文章でコミュニケーション力をPRするには、上述のように相手に分かりやすい文章の書かれ方がしているかが重要になります。ただ情報を羅列するだけでなく、読み手がなるべく短い時間で要点を理解できるように書きましょう。

経験やスキルだけでなく、仕事の基礎能力の高さも

経験や知識だけでは、競合のエンジニアの比べられたときに大差ないように映ってしまうかもしれません。そんなときは、仕事の基礎能力の高さを表すような文章を書いてみます。「問題が多い案件を、PMとしてしっかり納期通りに収めた」とマネジメント能力をPRするなど、エンジニアの能力だけではなく、仕事の基礎能力もしっかり備えていることを示すと、読み手の印象が変わるかもしれません。
 
いかがでしたでしょうか?
エンジニアとして働き始めてからフリーエンジニアになるまで、ずっと同じ企業で働き続けていた方などは、職務経歴なんて一度も書いたことがないかもしれません。そのような方は少し面倒に感じるかもしれませんが、自分の目的を達成するためと思って、経歴を振り返ることからでも良いので始めてみましょう。

 -フリーランス

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

【比較表あり】フリーランスの救世主!カンタン便利な見積書・請求書発行ツール10選

【比較表あり】フリーランスの救世主!カンタン便利な見積書・請求書発行ツール10選

フリーランスで一番大変なのが事務作業 独立してから、何だかすごく忙しい割に稼げていない気がする・・・

2017年確定申告の期限と手順まとめ

フリーランスや個人事業主の方は毎年必ず行わなければならない確定申告。 今年から独立してフリーランスや

【連載】今さら聞けないフリーエンジニア用語①

  はじめまして!最近FAworksのWeb担当になりました石垣と申します。 フリーランス

フリーランスはつらいよ。「フリーランスを辞めようかな」と本気で迷う7つの瞬間

会社を辞めてフリーランスになったは良いものの、思った以上に辛い。 一握りの「成功するフリーランス」の

【交渉力アップ】できるフリーランスなら誰もがやってる、交渉を上手く運ぶ7つのコツ

フリーランスに欠かせない「交渉力」 フリーランスに必要不可欠なのが、交渉力。交渉しているのは、価格交

【比較表あり】確定申告用ツールはどれを使えば良い?フリーランス向けクラウド型・オンライン会計ツール厳選5選

【比較表あり】確定申告用ツールはどれを使えば良い?フリーランス向けクラウド型・オンライン会計ツール厳選5選

今年もいよいよ確定申告の時期。 フリーランスの面倒と言えば確定申告。面倒だからといって万が一申告を逃

【保存版】フリーランスの業務を10倍効率化する超おすすめWebサービスまとめ

  フリーランスになって、誰もが最初に頭を悩ませるのが「本業以外の業務」。確定申告、請求書

フリーエンジニアが海外案件を探すためのサイトまとめ

企業雇用のエンジニアからフリーエンジニアとなって働くにあたり、最も労力を使うことの1つは案件探しでし

フリーランス必見!バーチャルオフィス選びのポイント

独立してフリーエンジニアになった皆さんは、普段どこで働いていますか?フリーの働き方は文字通り自由なの

フリーランスが会社員よりもはるかに多くの報酬をもらわなくてはいけない8つの理由

フリーランスに対してよくある誤解のひとつに、「たくさんの報酬をもらえて儲かる」というものがあります。