エンジニアがフリーランス転向・起業する前に知っておきたいトラブル例と対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

top

ITエンジニアとしてある程度経験を積み、現在フリーランスや起業を視野に入れているという方も多いのではないでしょうか。

ただ、フリーランスや起業の大変さを知らないまま行動を起こしてしまうのは、かえって危険。自由を求めてフリーランスになったのに「全然思い描いたような働き方ができない」という人や、「自分には会社員の方が合っている」と気付き、結局会社員生活に戻る人も中にはいます。

この記事では、エンジニアからフリーランスとして独立もしくは起業した人がよく直面するトラブルと対策についてまとめました。事前に対策を考えておくと、トラブル防止にも繋がりますし、トラブルが起きた時にも冷静に対処できるはずです。

 

仕事のトラブル

shigoto

1.仕事が思うように取れない

特に起業直後、フリーランスを開始してすぐの期間は、仕事が安定しないこともあるでしょう。報酬面でも仕事内容面でも、納得が行かないということもよくあります。

◆対策

独立・起業する前に、最低でも半年くらいは仕事がなくても問題がないくらい貯金をしておくことをお勧めします。また、先が見えない状況でいきなり起業・独立をするのではなく、目先で仕事を振ってくれるクライアントさんが確実にいる方が安全です。

2.営業・経営・会計・・・プログラミング以外の仕事に時間を多く取られる

会社を離れてみると、いかに今まで会社が自分を守ってくれているかに気付くことができます。自分で仕事を取りに行くための営業はもちろん、フリーランスでも起業でも会計や経営について勉強をする必要が少なからずあります。自分で物事を決められるということは、裏を返せば自分で全て責任を取らなければならないということです。

◆対策

独立や起業に必要な会計周りの知識や経営について、一度勉強してみるとイメージが湧くと思います。これまで技術を磨くことのみに専念してきたエンジニアの方は、コードを書くこと以外の仕事についてしっかり学んでおきましょう。特に会計や法律面に関しては「知らなかった」では済まされません。確定申告は毎年フリーランスの頭を悩ませています。

プログラミング以外はやりたくない!という人は、自ら独立・起業するのではなく誰かと一緒にスタートアップしてCTOになるなど、別の方法を見ておいた方が良いでしょう。

3.休みがない

「フリーランスになってから逆に忙しくなった」「休みがなくなった」というのはよく聞く話です。起業となると、更に降りかかってくる重圧は大きくなりがち。タイムマネジメントや業務量・納期の調整なども、すべて自分自身にかかっています。オン・オフの切り替えができず、週7日間働き詰めになっていませんか?

◆対策

納期をクライアントと相談する時に、スケジュールにしっかり余裕を持たせておきましょう。工数を見積もる際にも、プログラミング関連以外の工数(PM・ミーティングなど)が発生しないかしっかり考えましょう。仕事が欲しいからと無理な相談を引き受けすぎると、後で苦しい思いをすることになりかねません。 また、「絶対に休む日」を事前にしっかり決めておくのも良いでしょう。起業もフリーランスも長期戦。「月にいくら稼ぐ必要があるのか」「そのためには何の仕事でどのくらい働けばよいのか」をしっかりイメージした上で、休むタイミングを定期的に挟むことが大切です。

 

健康のトラブル

kenkou

4.体調を崩してしまう

上記1〜3のトラブルを抱える人の中には、その後心と身体の健康を害してしまう人もいます。特に休みを全く取らずに働き続ける人は要注意。働き詰めたあげく倒れて入院してしまっては何の意味もありません。仕事をストップすると収入ゼロ。健康を保ってこそ仕事が続けられるのです。

◆対策

休みを取る他、運動をしっかりするようにしましょう。どんなに忙しくてもずっと仕事だけを続けていると生産性も落ちます。身体をリフレッシュさせる機会を必ず設けましょう。

5.メンタル面で体調を崩してしまう

「会社勤務で人間関係が大変、精神的にきつい、だからフリーランスになりたい」などという方には、特に必ず知っておいていただきたいことです。フリーランスも起業も、結局精神的に負荷がかかる場面は必ず発生します。クライアントと直接やり取りすることで、会社勤務の時以上に人とのコミュニケーションが発生するでしょう。フリーランスでも、報酬の交渉や、トラブルがあった時の対処も多くありますし、上手く行かなかった場合にはお金がどんどん減っていくのを目の当たりにすることもあるでしょう。加えて起業の場合、人を解雇せざるを得ない時もあるかもしれません。そうなると更に精神的な負荷が大きくかかるでしょう。

◆対策

身体の健康面と同様、休息と運動を適宜挟みましょう。身体的に体調を崩している場合は特にメンタル面も落ちやすいです。 フリーランス、または起業直後で一人で自宅で作業をしている場合は、誰とも話さない状況が続くと精神衛生上あまり良くありません。たまには外出の予定を入れるなど、リフレッシュの要素を必ず盛り込みましょう。

6.モチベーション維持ができない

働き過ぎの逆パターンのケースも存在します。固定の勤務体系から開放されて、朝早く起きなくても良くなり、だらけていても誰も怒る人がいなくなるため、モチベーションを維持するのが難しいという方もいます。

◆対策

まずは独立してもある程度規則的な生活を心がけましょう。生活が不規則になって、体調を崩す人が多くいます。同時に、「何のために独立・起業するのか」を定期的に自分にリマインドをかけながら、モチベーションを保つ努力をしましょう。他のフリーランスや起業仲間の話を聞くと、モチベーションアップになることもあるでしょう。

 

お金のトラブル

okane

7.クライアントの未払い

多くのフリーランスエンジニアが経験するのが未払い。どんなに頑張っても、大口の案件を取っても、報酬を払ってもらえなければ努力が報われません。最初の段階でしっかり細かい内容まで詰めて、後々のトラブルを予防しておきましょう。

◆対策

必要な内容を盛り込んだ契約書を最初に巻いておくことがトラブル防止に繋がります。どうしても契約書を巻くのが難しい場合でも、書面もしくはメールなどに残る形で合意をしておきましょう。

  • そもそも信頼できる会社かどうかを把握する(所在地や電話番号くらいは押さえておきましょう)
  • 必ず契約書を巻くようにする
  • 重要事項は口頭のやり取りで終わらせない、最低限メールかチャットベースで証拠を残す
  • 支払いフロー・支払いタームを明確にする
  • 場合によっては前金をもらう
  • 消費税をどうするかも確認しておく(先方に任せていると、自分に都合の悪い方にされることも多々ある)
  • 未払いが起きた時の対処法を知っておく(内容証明を送る、少額訴訟のやり方を知っておく)

8.報酬が安く決まってしまう

特にフリーランス・起業初期にありがちなのが、相場の半額程度で交渉されるなど報酬が異様に安くなるケースです。単価が安いと数を稼ぐ必要が出るので、上記の働き過ぎや体調不良にも繋がりやすくなります。

◆対策

求められる仕事に対し十分なスキルを持っている場合には、相場から離れすぎないように交渉しましょう。報酬の交渉は営業のひとつです。相手に押されすぎる必要はありません。 初期のうちはやりたくない仕事や、低単価の仕事を請け負うことも避けられないかもしれませんが、無理のないように調整しましょう。

9.クレジットカードや住宅ローンの契約が結べない

会社員であれば問題なくできることが、一部制限されます。賃貸契約・住宅ローン・クレジットカードなどは、起業後・フリーランス独立後に契約しようとすると簡単にできないことがあります。

◆対策

可能な限り、独立・起業前に必要な手続きは行ってしまいましょう。一応独立した後もクレジットカードなどは条件に合えば作成可能ですが、独立前に作っておくほうが格段に手間を省けます。

 

自分の身は自分で守る

フリーランスとして独立もしくは起業した後、自分を守ってくれる人は誰もいません。「自由」を得ることは、自分自身にもっと責任を持つことに等しいです。

「今の会社員生活が辛いから逃げるように独立する」のではなく、予めしっかり情報を調べておいて、トラブルを回避することが大切。

一方、その大変さを乗り越えて「起業して本当によかった」「フリーランスは辞められない」と言うほど、独立後の生活が合っている人もたくさんいます。せっかく独立・起業するのであれば、成功させたいですよね。

これからフリーランス転向・起業を考えている方、ぜひ一度独立後について知識を深めてみてはいかがでしょうか。

FAworksにも是非ご相談下さい

FAworksではフリーランスへの転向のご相談もお受けしています。なにか不安な点、こんな風に働きたい等あればお気軽にご相談ください!

また、案件探しはもちろん、参画中もトラブル対応や単価交渉など、フリーランスの皆様を最大限にサポートさせていただきます。

少しでもフリーランスを考える皆様のお力になれれば幸いです。

 -ビジネス,

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

エンジニアあるある!ネガティブフレーズまとめ

エンジニアあるある!ネガティブフレーズまとめ

残業あるのが当たり前、突然の電話で休日出勤、こんなのが当たり前のシステムエンジニアという職業。思わず

営業マンからエンジニアへ~Part 3~

すっかり涼しくなってきて、秋めいてきましたね。 海、お祭り、花火大会など、アクティブな夏も楽しかった

実は午前中は仕事してない?!エンジニアあるある

実は午前中は仕事してない?!エンジニアあるある

どの職業にも「あるある」はあると思いますが、今回は普通の人にはなかなかわかってもらえないであろう、エ

出会いがないとは言わせない!~エンジニア向け彼女の見つけ方in社内~

出会いがないとは言わせない!エンジニア向け彼女の見つけ方

「毎日、会社と自宅の往復で全く出会いがない……。」 そう嘆くエンジニアの皆さま!あきらめるのはまだ早

後輩から見た、好印象な先輩エンジニア・上司

後輩から見た、好印象な先輩エンジニア・上司

はじめに 理屈っぽい、他人に興味がないなどと特徴づけられるエンジニアですが、エンジニア同士で仕事をし

「フリーランスだからコミュ力不要」はウソ!?フリーランスエンジニア生活を有利にするソフトスキル

エンジニアとして独立を検討している方の中に、「コミュニケーションが苦手だから」「今の会社での人間関係

エンジニアが転職を考える時に考えたいポイント

エンジニアの方が転職を考えるときは、他の仕事をしている方と同様にいろいろ悩むことでしょう。特に初めて

Appknoxアーキテクチャ – AWSからGoogle Cloudへの切り替え

Appknoxアーキテクチャ – AWSからGoogle Cloudへの切り替え

この記事はAppknox社のフルスタック&DevOpsエンジニアであるdhilipsiva氏による寄

営業マンからエンジニアへ~Part 2~

営業マンからエンジニアへ~Part 2~

いやーしかし9月に入りまして不安定な天気が続きますね。 みなさん、いかがお過ごしですか あっという間

フリーランス1年目のエンジニア向け!初めての確定申告までに押さえておきたいチェックポイント(2015年版)

確定申告はフリーランスなら必須 フリーランスになったら誰もが耳にする「確定申告」。ITエンジニア含め