フリーエンジニア必見?!都内で気軽にノマドしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2019/09/13

アイキャッチ1
By Takashi Hososhima

今回のコンセプト

フリーエンジニアといえば、特に決まった拠点で仕事をするというよりは
自由気ままに仕事場を変えることができるのも特徴の一つであり、
巷でも話題の『ノマド』とも非常に密接であると思います!
そこで、今回は都内でノマドを実践できるコワーキングスペースについて
実際に使ってみた感想と行ってみたい場所を合わせて紹介していきます!
※「 ノマド(nomad)とは

気軽に使えるコワーキングスペースとは

「気軽に」ということをタイトルに掲げたわけですが、ここでいう「気軽」というのは
「時間単位で使用することが可能」ということにフォーカスします。
コワーキングスペースというと大きく分けて、月精算の期間契約のものや
日精算の日別契約もの。そして、時間精算の利用が可能の3パターンに分類されます。

比較的仕事の期間が長いものについては、例えフリーエンジニアであっても
同じ場所に腰を据えたほうが仕事が捗るかもしれないですが、そこはせっかくのフリー。
毎回環境を変えて仕事ができるという強みを活かさない手はないのだろうか!
ということで、早速時間単位で使える都内のコワーキングスペースに行ってみました!

beez 銀座に行ってみた( ・´ー・`)どや

入り口_1_松土
職場に近かったので手始めということで、今回利用してみたのは『beez 銀座店』。
「渋谷・銀座・有楽町の電源カフェ」と謳い、渋谷と銀座にコワーキングスペースを展開しています。
銀座店はビルとしては結構古めでしたが、中はかなりお洒落な作りになっていました♪
「渋谷・銀座・有楽町の電源カフェ beez」
びる_松土 inspace_松土
ビルに到着!ビルとしては結構古めですが、綺麗に内装されています♪

どんなとこ?

ここは会員であれば1時間400円、ビジターとしても1時間450円で利用できます!
WiFi、電源の完備はもちろん、PC(Let’s Note)や各種充電アダプタ、プロジェクター、
USBメモリやイヤホンの貸出まであります。
フリードリンクコーナーも用意されており、ちょっとした食べ物も販売されているので、
小腹がすいても外に行くことなく、集中して仕事をすることができるようになっていました!

今回は仕事が終わった後の平日夜に利用したので、私以外は3人組がミーティングをしているだけで
中はかなり静かで快適に使うことができました☆ 人の少ない時間帯であれば相当くつろげます!
席のバリエーションもカウンターやテーブル、靴を脱いで上がれる区画もありました。
mainspace_松土 zako_松土

利用してみて( ・´ー・`)どやった?

今回は時間帯がよかったというのもありますが、かなり気に入りました♪
土日祝日はイベントも執り行っているようなので、混むことが多いようですが
事前にネット予約ができるようになっていて、Twitterでも混雑状況のお知らせがされています。
是非次回は平日朝や昼に使ってみたいと思います!
https://twitter.com/beezgnz
※現在は閉店しています

少し気になったのは、基本的にミーティングスペースとしても利用できるので
個人で利用している時に外のところでミーティングがされていると若干気になります。
区画も完全個室になっているものはないので、ミーティングをする側としてもあまり白熱したり
重要情報のやり取りは避けたほうがいいと思います。(コワーキングスペースなので当たり前かもしれませんがw)

あと、椅子の上にクッションが用意されているのですが、
1時間半くらい座りっぱなしだとお尻が痛くなります><
今回私はカウンター席を使いましたが結構きましたw
1時間くらいなら平気だったので、こまめに休憩をするか
自前のクッションを持参するとより快適に過ごすことができると思います!

まとめ

今回、個人的にも初めてコワーキングスペースを利用したのですが、
こんな環境がいくつも運営されていると思うと色んなところに行って仕事をしてみたくなります!
私はフリーエンジニアではないので、普段はオフィス勤務ですが
やはり集中したい仕事に取り組むときや気分を変えて気軽に仕事をしたいときには
コワーキングスペースのような場所は最適なのではと感じました。

なので、フリーエンジニアの皆様!
時間があるときは自宅以外のコワーキングスペースを是非利用してみてはいかがでしょうか。
そして、単なるフリーエンジニアではなく「ノマドワーカー」を目指しましょうw
※「ノマドワーカー」は単なるフリーではない

私も時間があるときや気分を変えたいときは、スキを見つけて利用していきたいと思います!
余談ですが、利用にお金がかかるので、よりリアルに「Time is Money」を感じることができますw
mine_松土
では、今回はこの辺で!

☆今回のコワーキングスペース☆

※せっかくなので、今後も記事を書くときは色んなコワーキングスペースやドヤリングで書いていきます!
【beez 銀座】 ※現在は閉店しています
・所在地
東京都中央区銀座2丁目4−19
http://goo.gl/POQdDW

・利用料金
会員:1時間400円(5分34円)
ビジター:1時間450円
※その他詳細:http://beez.co/ginza/price.html
・予約、残席状況確認
https://beez.co/book/
https://twitter.com/beezgnz

☆その他の時間精算で使える都内のコワーキングスペース☆

■Creative Lounge MOV
http://www.shibuyamov.com/
■The Terminal
https://theterminal.jp/index.html

↓コワーキングスペースの検索に利用したサイト
都内すべてのコワーキングスペース一覧

 

 -ビジネス

FAworksではプロのコンサルタントが案件をお探しします

  関連記事

フリーランスは失業保険を受けられる?働けないリスクに備える方法も紹介

新しい働き方としてフリーランスを目指す人が増えています。会社退職後に失業保険をもらいながらフリーラン

エンジニア・プログラマーは知るべき!椅子の選び方のポイント

エンジニアやプログラマーなどの職業の方は、一日中椅子に座りっぱなしということも珍しくありません。一日

今、なぜフルスタックエンジニアになる必要が?

by Jim Pennucci 既にバズワードにもなりつつありますが、今、まさに現在進行中で、フルス

絶対に使わないと損!エンジニア向けタスク管理ツールまとめ

エンジニアとしてスキルアップしていくためには、自身で快適な労働環境を作り、効率的に作業を行わなければ

エンジニアとして実力を持って生きていくなら絶対取るべき資格

エンジニアとして何年か生きているのですが、そんな中で「これは受けて良かった! 勉強して良かった!」と

未経験からフリーエンジニアになるためのポイント

【関連リンク】 ❏フリーエンジニアに必要なプログラミング以外のスキル ❏フリーエンジニアの仕事にはど

プログラマ35歳定年説に代わる【フリーランスプログラマ40歳定年説】

フリーランスプログラマ40歳定年説!実際の現場はどうなのか?

【関連リンク】 ❏プログラマが20代のうちにやっておきたい11のこと ❏若造に負けてられるか!年齢不

営業マンからエンジニアへ~Part 3~

すっかり涼しくなってきて、秋めいてきましたね。 海、お祭り、花火大会など、アクティブな夏も楽しかった

2019年分の確定申告はいつからいつまで?提出期間と注意点を解説

フリーランスのエンジニアなら避けて通れない確定申告ですが、「確定申告の時期っていつからいつまでの分だ

フリーランスになったら改めて確認!ビジネスマナーの基本

フリーランスになると、「印象」が自分の信用を左右し、仕事にも影響を及ぼします。独立を機に、改めてビジ